ここから本文です

J1通算直接FKゴールランク・トップ10の面子が豪華絢爛!気になる1位は磐田の10番!

5/17(木) 19:52配信

SOCCER DIGEST Web

1シーズンの最多FK得点記録は新潟と浦和で活躍したブラジル人!

 今季のJ1も数多くの直接FK弾が誕生し、横浜の天野純やC大阪の丸橋祐介らは既に芸術的なFKをふたつ沈めている。

【画像】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナの最新厳選フォトをチェック!

 そのなかでJリーグ公式サイトは、5月17日にJ1リーグ通算直接FK得点ランキングのトップ10を発表した。日本を代表する稀代のレフティーは何得点を奪っているのか、多くの観衆を沸かせてきた助っ人は何位に入っているのか。多くの名キッカーが名を連ねた今回のランキングで、1位に輝いたのはFKの名手・中村俊輔(磐田)だ。

 正確無比な左足でスタジアムを熱狂させてきた男は、これまで24もの直接FK弾を決めてきた。今季は無得点だが、17ゴールで2位に入った遠藤保仁(G大阪)を大きく引き離しており、改めてその偉大さが見て取れる。
 中村、遠藤以外では、3位に鹿島の闘将・小笠原満男、新潟と浦和で活躍したマルシオ・リシャルデス、無回転シュートの第一人者でもある元日本代表の三浦淳宏(現神戸SD)が15ゴールでランクインを果たした。

 とりわけ、マルシオ・リシャルデスは、新潟でプレーをしていた2010年に直接FKのJ1シーズン記録を樹立。自身が奪った16ゴールのうち実に7ゴールをFKから決め、圧巻のプレースキック精度で相手の脅威となった。

 今もなお現役で活躍する名手や、Jリーグを彩ったレジェンドや助っ人たちがずらりと並んだ今回のランキング。Jを席捲する天野や丸橋らが、偉大なキッカーたちにどこまで迫れるか注目が集まる。

【要チェック】J1リーグ通算直接FK得点ランキングはこちら

・J1リーグ通算直接FK得点ランキング
※所属は現所属、引退した選手などは最終所属

1位   24得点 中村俊輔(磐田)
2位   17得点 遠藤保仁(G大阪) 
3位タイ 15得点 小笠原満男(鹿島)
          マルシオ・リシャルデス(浦和)
          三浦淳宏(横浜FC)
6位タイ 13得点 アルシンド(東京V)
          ウェズレイ(大分)
8位タイ 10得点 沢登正朗(清水)
          岩本輝雄(名古屋)
          三都主アレサンドロ(岐阜)
          駒野友一(福岡)
          マスロバル(福岡)  

最終更新:5/17(木) 19:53
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)