ここから本文です

「この順位にいるチームじゃない」 浦和FW武藤雄樹、9番のプライドが滲む“反攻宣言”

5/17(木) 10:00配信

Football ZONE web

【インタビュー】「熱く、勝利にこだわる」オリヴェイラ監督の下で巻き返しへ

 J1浦和レッズは昨季、ACLチャンピオンズリーグを制し、FIFAクラブワールドカップでも世界5位に輝いた。一転して今季は現在リーグ13位に甘んじているが、4月19日にオズワルド・オリヴェイラ新監督が就任し、徐々にチームの再構築を進めている。

【動画】「この動画、最高」「電車の中で笑ってしまった」と反響! 31歳となった槙野智章を祝う浦和メンバーの祝福メッセージ

 チームが浮上するためには、リーグワースト2位タイに沈む得点力の復活が必要不可欠。エースのFW興梠慎三に次ぐゴールゲッターとして、爆発の時が待たれる加入4年目のFW武藤雄樹を直撃した。浦和栄光の9番を背負う男が見据える、巻き返しへの道筋とは――。

――今季はすでに、シーズン中に二度監督が代わっています。リーグ戦13位という順位をどのように受け止めていますか?

「もちろん、シーズン前に思い描いていた状況ではないです。結果がついてきていないのは残念だし、監督も3人目でやり方が異なれば選手としては難しさも出てきますけど、ただ全員がしっかり練習に取り組めている。オリヴェイラ監督になって、チーム一丸で戦おうという姿勢を出してくれているので、良い雰囲気を作りながらやれていると思います」

――改めて、オリヴェイラ監督の印象は?

「とても熱く、勝利にこだわる人ですね。ミーティングのテンションも高くて、それにつられて選手のモチベーションも上がっている。試合前にもよく、『浦和のエンブレムが付いたユニフォームを着ているんだから、たくさんの人を背負ってしっかり戦え』と言っていて、『戦わなきゃいけない』と奮い立たせてくれます。まだオリヴェイラ監督も自分のやりたいサッカーを完全には落とし込めていないと思いますけど、早くそれを表現できるようになって、チームとしても勝利をもっともっとつかみたいです」

――具体的に、オリヴェイラ監督の“やりたいサッカー”とは?

「就任当初から、まずは時間がないから今までを踏まえて進めていくと話がありました。大槻(毅ヘッドコーチ)さんが3バックに戻した流れを汲んで、今は3バック(3-5-2)をやってますが、中断期間に『自分の色を出していく』と。鹿島では4バックだったと聞いていますし、戦術やフォーメーションも変わってくるのかなと考えています。やりたいサッカーで言えば、しっかり守備をして、その後にスペースを突いていくということは徹底して指示していると感じています」

1/2ページ

最終更新:5/17(木) 10:33
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新