ここから本文です

マドリード勢が欧州席巻! CL3連覇王手のレアル、EL優勝のアトレチコを祝福

5/17(木) 13:30配信

Football ZONE web

アトレチコがEL制覇、CL3連覇に迫る宿敵レアルが「おめでとう」ツイート

 アトレチコ・マドリードは現地時間16日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝で日本代表DF酒井宏樹が所属するフランスのマルセイユを下し、大会最多タイとなる3度目となる欧州タイトルを獲得したが、この偉業を宿敵レアル・マドリードも祝福。今季の欧州サッカーシーンはスペインの首都マドリード勢が席巻することになるかもしれない。

【動画】「最高のファミリーだ」とファンも衝撃! ブラジル代表DFマルセロの息子、レアル12選手と空中パス交換…圧巻の“共同スキル”披露

 6季ぶりのEL制覇を目指すアトレチコは前半21分、相手陣内でボールを奪い、そのまま一気にゴール前へボールを運ぶと、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがGKとの1対1を冷静に沈めて先制。マルセイユは同31分に司令塔MFディミトリ・パイェが負傷交代というアクシデントにも見舞われた。

 迎えた後半4分には右からペナルティーエリア内に侵入したグリーズマンがこの試合2点目をゲット。同44分にはMFガビがダメ押しゴールを決めて3-0で快勝した。

 2011-12シーズン以来6年ぶりのタイトルとなり、現行のELでは同じスペインのセビージャと並ぶ最多タイの3度目の優勝となった。

 そしてアトレチコの優勝をライバルのレアル・マドリードも祝福している。クラブ公式ツイッターは「おめでとう、アトレティが今夜リヨン(決勝開催地)でヨーロッパリーグを制した」と投稿した。

同都市を本拠地とする両クラブ、UEFAスーパーカップでマドリード・ダービー実現も

 スペイン紙「マルカ」もこれを報じ、「(マドリードの)ペアはスーパーカップで対戦する可能性がある」として指摘している。

 アトレチコがELを制したのに対し、レアルは26日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝に勝ち進んでいる。リバプールを下せば、前人未到の3連覇を達成する。

 さらにCLとELのタイトルホルダーが対戦する来季のUEFAスーパーカップでは、この両クラブによるマドリード・ダービーが実現する可能性もある。同国対決は2016年のレアル対セビージャなどこれまでも何度か実現しているが、同じ都市を本拠地とするクラブ同士の激突となれば史上初となる。

 欧州一を決める大舞台で「マドリード・ダービー」は実現するだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/17(木) 13:36
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)