ここから本文です

日本と対戦のコロンビア代表、熾烈なW杯選考 スペイン得点ランク10傑入りの名手も落選危機

5/17(木) 16:50配信

Football ZONE web

予備登録35人にハメスら豪華顔ぶれ、最終メンバー23人は6月4日に発表予定

 日本代表が6月19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で激突するコロンビア代表はすでに35人の予備登録メンバーを発表している。バイエルンの司令塔ハメス・ロドリゲスら欧州で輝く実力者が揃うなか、23人の最終メンバーからスペインリーグ得点ランク10傑に入る名手に落選の可能性が浮上するほど、ハイレベルな選考となっている。英国の大手コロンビア専門メディア「コロンビア・レポート」が報じた。

【写真】来日のW杯ロシア美女アンバサダー “女子校生風スカート姿”に反響「ファン驚愕」

 2014年ブラジルW杯グループリーグでも両者は対戦しており、日本代表を4-1と一蹴した南米の雄コロンビア。2得点を決めた FWジャクソン・マルティネスはロシア大会で選外になっているが、顔ぶれは豪華そのものだ。

 バイエルンで活躍したハメスを中心に、ユベントスの韋駄天MFフアン・クアドラード、「エル・ティグレ(虎)」の異名を持つモナコFWラダメル・ファルカオ、トットナムDFダビンソン・サンチェスら欧州リーグのトップレベルで戦う実力者が揃っている。

 最終メンバー23人は6月4日に発表される見込みだ。「W杯南米予選で4位に入ったコロンビア代表を率いた面々が支配することになりそうだ」と報じる一方、実力派ストライカーに落選の可能性があるという。

「ビジャレアルのカルロス・バッカ、そして、ジュニオール・バランキージャのペア、ジミ・チャラとテオフィロ・グティエレスには議論を呼ぶかもしれない」と特集では報じている。

今季スペインリーグでベイルに並ぶ15ゴール、名ストライカーの命運は?

 コロンビア国内リーグ組のチャラとグティエレスの二人に加え、安泰にあらずと断定されたのは、昨夏にイタリアのACミランから期限付き移籍でスペインのビジャレアルに移ったFWバッカだ。

 バッカはビジャレアルで35試合出場とフル稼働し、今季リーグ15ゴールをマーク。レアル・マドリードのギャレス・ベイルと並び、リーガの得点ランク9位に名を連ねている。昨季までミランで日本代表FW本田圭佑と同僚としてプレーし、高い得点力を誇ったが、特集では「2014年大会にも選出されたバッカは、クラブレベルで素晴らしいフォームを示しているが、代表チームでのパフォーマンスは同じ水準に至っていない」と指摘されている。

 スペインでゴールを重ねるバッカですら、落選の可能性が浮上するコロンビア代表のW杯メンバー争い。ホセ・ペケルマン監督は最終的にどのような選択を下すのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/17(木) 17:59
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュース特設ページ