ここから本文です

中村憲剛「今、日本で一番うまい」大島僚太に、無理を通せる凄みが。

5/17(木) 17:01配信

Number Web

 あれは、2年前のリオデジャネイロ五輪を直前に控えた頃だっただろうか。

 「アップのときのボール回し。あれがカギになるんですよ」

【動画】DFなのにGKで好セーブ!? 川崎の臨時守護神・奈良竜樹。

 大島僚太がそんな風に話してくれたことがある。

 川崎フロンターレが試合前のウォーミングアップで行うロンド(鳥かご)は、他のチームに比べると、かなり狭いエリアしか使わない。そしてエリアを飛び交うボールスピードも速い。だからこそ、大島はそこで自分の感覚を研ぎ澄ませているのだという。

 「試合前だと6対4、普段の練習だと7対4でやっていて、4人がボールを追いかけてくる。実際の試合で4人がプレッシャーをかけてくる状況って、まずないですよね? 4人が奪いに来るということは、4つのコースが消されるわけで。それでもうまくやれているときは、試合でも落ち着いてできるんです」

 ゴール前ならまだしも、広いフィールドでボールを持った瞬間に、4つの選択肢を消される局面というのは、そう多くないだろう。ならば試合前からその状況下で目や思考スピードを慣れさせておくことで、試合中は余裕を持ってプレーしやすくなる、というわけだ。

強めのパス交換も、いつもの光景。

 準備は、さらに続く。

 アップを終えた周囲のスタメン組が続々とロッカールームに戻っていくなか、時間ギリギリまでピッチに残ってコーチ相手に強めのパス交換を行い続けるのも、いつもの光景だ。かつては鬼木達コーチとやっていた儀式だが、鬼木が指揮官となった昨年からは久野智昭コーチがパートナー役を務めている。

 「今日はどんな感じなのか、自分としてはボールを触っておきたいんですよ」とボールフィーリングを確かめてから、彼はゲームに臨んでいる。

 そして試合が始まれば、相手の重心の逆を突いてプレッシャーを簡単に剥がし、たとえ相手が密集していようとも、繊細なボールタッチでかいくぐって突破していく。一見すると、隙などないようなコンパクトな守備ブロックであっても、卓越した目と技術を持つ大島にかかれば、綻びが生まれてしまうのである。大島の真骨頂は、ここにあると言っても過言ではない。

1/4ページ

最終更新:5/17(木) 18:26
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

952号
5月17日発売

特別定価600円(税込)

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~

【平成最後の栄冠に輝くのは】 ダノンプレミアム/エポカドーロ