ここから本文です

同窓会で見つけた、精神が腐った人と若く活力に満ちた人の違い

5/18(金) 18:32配信

ニューズウィーク日本版

「転がる石には苔が生えぬ」

実はこれまでに2度、長沙市での同窓会に出席した。小学校と中学校の同窓会だが、かつての同級生たちの老いを見るのは辛かった。「李さんは若いね、はつらつとしている」とほめられたが、私に言わせれば彼らの精神が腐ってしまったのだ。

彼らだけの責任ではない。中国では、私の同世代の人間はほとんどが国有企業や政府機関で働いてきた。安定した仕事だが、刺激はなく、日々同じことの繰り返しだ。年を取ればたいした仕事もなく、出勤しては新聞を隅から隅まで読んで時間つぶしをするだけ。

中国の定年は男性が55歳、女性が50歳と早かった(今はもう少し引き上げられたはずだ)。定年後は孫の世話をして、公園で太極拳をするぐらいしかやることがない。こんな生活を送っていれば、精神が腐るのも当然だ。

今回の歌舞団の同窓会でも、同じような失望を味わうのではないか――。そう心配していたのだが、蓋を開けてみると、以前の同窓会とは全く違う光景があった。みな、目が死んでいないのだ。年は取っても活力に満ちており、野心も失っていない。私と同じだ!

先ほど述べたとおり、歌舞団はたんなる趣味ではなく、セミプロのような存在だ。そこを足がかりにさらなる出世を目指すこともできる。踊りを楽しみたいというよりも、踊りの才能を生かして将来をつかもうとした人々なのだ。もちろんプロのダンサーになる道は厳しいが、成功を目指して努力ができる人は、ダンスの道で失敗しても別のチャレンジをする力がある。

時代の追い風もあった。私たちが歌舞団に所属していたのは文化大革命の末期だ。その後に訪れた改革開放は、機転が利く人間ならば大成功を収められる戦国乱世の時代。チャレンジ精神を持つ歌舞団の人間は、みな湖南省を飛び出し、深センや海外に活躍の場を求めた。

日本に私、アメリカに2人、カナダに1人。北京で研究者になった者もいれば、湖南省のダンス界で出世した者もいた。他にも、国有企業のトップが1人、民間企業のトップが1人。彼らの多くが成功を収め、今も最前線で戦い続けている。

「転がる石には苔が生えぬ」というがまさにその通りだ。チャレンジを続けているかぎり、新たな分野に挑み続けているかぎり、精神は老いない。

私は湖南省から深センを経て、日本へと移住した。仕事でも、バレエダンサーから文芸紙記者、アパレルメーカーの社員、案内人、レストランオーナー、ジャーナリスト、ラジオDJ、そして政治家と、次々と新たなチャレンジを続けている。常にチャレンジしているからこそ老いずに済んでいるのだろう。

故郷にとどまり続けた友人たち、そして故郷を離れてチャレンジした友人たち。2種類の同窓会に出席して、自分の生き方が間違っていなかったことを改めて確信した。

李小牧(り・こまき)

2/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-6・26号
6/19発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

ニューズウィーク日本版の前後の記事