ここから本文です

米朝首脳会談に狼狽 中国の外交的焦りと朝鮮半島の帰趨

5/19(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

<2018年5月26日号> 小欄58回で平昌(ピョンチャン)オリンピックの話題をめぐる内容について、いささか懺悔(ざんげ)に及んだ。時事はほんとうに怖くて、野暮で魯鈍迂闊(ろどんうかつ)な歴史屋の能(よ)くするところではない、と観念したものである。とりわけ変化が激しい半島問題は、慎重にみきわめようと固く決意した。

そうはいっても、南北朝鮮のことを書かないわけにもいかない。半島は東アジアの焦点である。古来「東アジアの運命」を決してきたところであるし、今また、そうなってしまうかもしれない。 本文:1,383文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

岡本 隆司 :京都府立大学文学部 教授

最終更新:5/19(土) 7:01
週刊東洋経済

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)