ここから本文です

出井伸之 その3(全4回) プラットフォーマーになれず苦杯なめる

5/19(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

出井伸之 その3(全4回) プラットフォーマーになれず苦杯なめる

いでい・のぶゆき●1937年生まれ。早大卒。60年ソニー入社。オーディオ、ビデオ事業を担当後、宣伝担当役員。95年に社長兼COO。2000年会長兼CEO。05年に退任、06年にクオンタムリープを設立。(撮影:今井康一)

<2018年5月26日号> 企業は生命体だ。年を取れば俊敏さがなくなり、停滞する。それはソニーも例外ではなかった。2003年、世界経済の荒波にのまれ、いわゆる「ソニーショック」と呼ばれるピンチを経験した。

当時の世界ではモノから情報への価値の大転換が起こっていた。ここで立ち現れてきたのが、米国のグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルなど、巨大な「プラットフォーマー」たちだ。彼らは自らはものづくりをせず、利用者から集めたビッグデータを武器にデジタル時代の覇権を握っていった。 本文:955文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/19(土) 7:01
週刊東洋経済