ここから本文です

うっかり入ると大変? 超進学校で味わう“初めての挫折”

5/20(日) 16:00配信

マネーポストWEB

 毎年話題になる東大合格者数ランキングの常連校と言えば、開成(東京)、筑波大附属駒場(東京)、灘(兵庫)、桜蔭(東京)、麻布(東京)、栄光学園(神奈川)あたりが有名。そういった超進学校では、クラスの半分以上が東大に進むことも珍しくない。しかし中には“超進学校ゆえの苦しみ”を味わう子もいるようだ。ここでは開成中学に入学したものの、東大に進学しなかった2人のケースを紹介しよう。

「自分が1番じゃないなんて……」

 Aさん(40代)の両親はともに高卒で、教育にはまったく無関心だったが、Aさんの小学校の成績が飛び抜けて良かったため、教師は両親に中学受験を勧めた。そこでAさんは小学6年生の1年間だけ塾に通い、「家から近かったから」という理由で開成中学を受けると、見事合格。しかし最初の試験で、いきなり挫折を味わうことになる。

「中1の最初のテストで、順位がほぼビリだったんです。これまでテストで1番以外の順位を取ったことがなかったので、猛烈にショックを受けました。周りにも似たような子は何人もいて、机に突っ伏したり、泣き出したりする子もいました」(Aさん)

 もちろんそれで発奮する子もいるのだが、「完全にやる気を失ってしまった」というAさん。その後これでもかというぐらい遊びの道にハマってしまい、東大は「受けもしなかった」という。ただ、本人には東大コンプレックスはないが、周りはそうは見てくれないそうだ。

「就職活動の時は、たびたび『開成って、あの開成?』みたいなことを言われました。『何で東大じゃないの?』とズバリ言われたことも。東大に行かない子の方が多いんですけど……。就職してからも『高校はどこですか?』『開成です』『もしかして東大ですか?』『いや……、東大ではないです』といったことは、数えきれないほどありました」(同前)

「全力で走っても、集団との差は開くばかりだった」

 別のBさん(20代)の両親はともに大卒で、猛烈に教育熱心だった。小学3年生の夏休みが終わると塾に通わされるようになり、小6の頃の帰宅時間は22時頃。追い込みの時期になると、1か月の塾代は20万円に達していたという。努力の甲斐あって、補欠で開成に滑り込んだが、地力の差はどうにも埋められなかったそうだ。

1/2ページ

最終更新:5/20(日) 16:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース特設ページ