ここから本文です

山川穂高選手はなぜ打ちまくっているのか【立浪和義の「超野球論」】

2018/5/20(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

理にかなったスイング

独特のフォームだが、理にはかなっている/写真=榎本郁也

 混戦が続くセ・リーグに対し、パ・リーグは西武が走っています。その最大の要因は、5月8日現在、チーム打率.291の強力打線です。チーム201得点は、2位のソフトバンクと71点差ですからすさまじいですね。

 この好調打線で四番にどっかり座るのが、プロ5年目、3.4月の月間MVPにも輝いた山川穂高選手です。昨年後半にブレークした選手ですが、今季は12本塁打、39打点がリーグトップ。打率はリーグ6位の.314ですが、33四死球があるので出塁率は.478と高く、得点圏打率はなんと5割です。まさに、手がつけられない状態となっています。

 やや太めの体型もあって、力任せのタイプと思われがちですが、私は非常に理にかなったスイングをしているな、と思っていました。ただし・・・ 本文:1,066文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込165

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:2018/5/20(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る