ここから本文です

ガラタサライ長友、リーグ優勝に狂喜乱舞のサポーターに驚愕「こんな光景見たことない」

5/20(日) 12:17配信

Football ZONE web

敵地でギョズテペに1-0と勝利し、3シーズンぶり21回目のリーグ制覇

 今年1月からトルコ1部のガラタサライに期限付き移籍中の日本代表DF長友佑都は、現地時間19日に行われた最終節ギョズテペ戦にフル出場。引き分け以上で自力でのリーグ優勝が決まるなか、チームは敵地での一戦に1-0で勝利し、3シーズンぶり21回目のリーグ優勝を達成した。長友にとっては自身キャリア初のリーグ優勝となり、試合後に自身の公式ツイッターで喜びを示していたが、遠征先から地元に戻ると目の前には驚きの光景が広がっていたという。

【動画】「夜中の2時」に歓喜のチャントと発煙筒! 長友佑都が投稿したガラタサライ優勝に狂喜乱舞するサポーターの姿

 出場機会を求めてイタリアの名門インテルからトルコに新天地を求めた“ダイナモ”は、勝利の美酒に酔いしれた。2位フェネルバフチェと勝ち点3差で迎えた最終節、引き分け以上で自力優勝が決まるアウェーでの一戦は、ギョズテペ相手に緊迫した攻防となった。待望の先制点は後半21分、FWバフェティンビ・ゴミスがPKを決めてリードを奪う。この1点を、左サイドバックとして1月の加入後リーグ戦15試合連続フル出場を果たした長友ら守備陣が守り抜き、1-0で勝利。ガラタサライが6連勝で、3シーズンぶり21回目のリーグ制覇を成し遂げた。

 この勝利に長友も喜びを露わにした。試合直後から自身の公式ツイッターを更新し、ロッカールームでチームメイトと歓喜する写真などを投稿。「キャリア初のリーグ制覇! 興奮抑えられんわ」「僕の決断を信じて応援してくれたみなさん本当にありがとう」などのコメントも綴っていた。

 その後、チームは飛行機で本拠地イスタンブールに戻ったようだが、そこで驚きの光景に出くわしたという。

「夜中の2時。練習場が。。」と1本の動画を投稿

「夜中の2時。練習場が。。」とのコメントを添えて、長友が1本の動画をツイッター上に公開。そこはガラタサライの練習グラウンドと見られる場所を上から映したものだが、あたり一面に熱狂するサポーターが集結し、3シーズンぶりのリーグ優勝に狂喜乱舞していた。

 映像を見る限り、大量の発煙筒も焚かれており、長友も「こんな光景見たことないわ。明日のセレモニーもっとやばいらしい。苦笑 Amazing galatasaray fans」と、夜中にもかかわらず眼下に広がった歓喜の光景に驚いた様子だった。

 6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、7年間を過ごしたインテルを離れる決断をし、トルコで指揮官からの信頼を獲得して手にした栄冠。3大会連続のW杯出場を目指す長友は、キャリア初のリーグ優勝の歓喜を味わい、日本代表に合流することになった。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/20(日) 13:55
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新