ここから本文です

大谷、4勝目の投球を監督&正捕手が評価「110球は妥当」「本塁打後に速球が良くなった」

5/21(月) 14:45配信

ベースボールチャンネル

■修正力に改めて高評価。次回は田中将大と投げ合いか

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたタンパベイ・レイズ戦に先発登板し、8回途中2失点の好投で今季4勝目を挙げた。

【写真】衝撃の連続、大谷のメジャーデビューからの10試合

 大谷は初回と2回に走者を背負いながらも無失点で切り抜けると、3回に先頭の9番ジョニー・フィールド外野手に先制ソロ本塁打を浴び1失点。しかし、直後の打者から6回まで12者連続アウトを記録する快投を見せた。

 7回を無失点で終えた時点で投球数は99球、エンゼルスは4-1とリードする中、大谷はメジャーで自身初の8回のマウンドに登った。先頭のフィールドにエンタイトル二塁打を浴び無死二塁のピンチを迎える。直後に暴投で走者を三塁に進め、内野ゴロの間に生還を許し2点差に詰め寄られた。

 2死後にジョーイ・ウェンドル内野手に右前安打を打たれたところで、マイク・ソーシア監督が交代を告げ、大谷はスタンディングオベーションを受けながら降板した。2番手のジャスティン・アンダーソンが無失点で切り抜け、大谷はこの日7回2/3を投げ、投球数は自己最多を更新する110球(ストライク68球)、被安打6、与四球1、奪三振9、失点は2の成績で防御率は3.35となった。

 試合は、8回にも1点を追加したエンゼルスが5-2で勝利し、連敗は「5」でストップ。先発の大谷は登板2戦ぶりとなる4勝目を挙げた。

 米公式サイト『MLB.com』によれば、試合後に大谷は「7回は少し手こずったが、無失点で切り抜けられた。8回を投げ切ることはできなかったが、勝ちに繋がる投球はできたと思う」と通訳を介してコメント。

 ソーシア監督は大谷の投球について、「110球は妥当なものだと思うし、良い球を投げていた」と評価し、この日ボールを受けたマーティン・マルドナード捕手も「本塁打後に速球がより良くなった。どこでも投げたいところに投げられていた」と3回に先制ソロを浴びた後の修正力に感心した様子だった。

 次回登板は、中6日を空けて27日(同28日)の敵地でのニューヨーク・ヤンキース戦が予想される。当日は田中将大投手との初めての投げ合いになる可能性があり、早くも1週間後の試合に期待が高まるところだ。

ベースボールチャンネル編集部