ここから本文です

川谷絵音のお泊まり愛再び! 次の彼女は “元カノのお友達” という衝撃

5/21(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

 5月上旬の深夜0時過ぎ。車の通りさえほとんどない閑静な住宅街に建つ高級マンションに、1台のタクシーが止まった。降りてきた男性は大きなマスクで顔を隠しているが、特徴的なヘアスタイルで一目瞭然。『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音だった。

【写真10枚】新彼女・松本愛はこの人! 川谷と新彼女が自宅を出入りする様子も

次の彼女は元カノの友だち

「彼は音楽的センスにあふれ、業界関係者からも絶賛されています。現在は『indigo la End』『ジェニーハイ』という2つのバンドもかけ持ちして、楽曲の幅を広げていますよ」(音楽ライター)

 そんな川谷が、このマンションに引っ越してきたのはつい最近だという。

「川谷さんはこれまで何度も撮られていますからね。あまり人目もないですから、こちらを選んだんじゃないですか」(同じマンションの住人)

 そして、川谷の後を追うようにもう1台のタクシーがマンションにすべり込んだ。現れたのは、スレンダーな黒髪ボブの美女。ファッション雑誌『JELLY』の専属モデル・松本愛だ。

「彼女は日本人とフィリピン人とのハーフです。ギャル系ファッション誌である『JELLY』の専属モデルでありながら、ナチュラルメイクなので“清楚系ギャル”として人気を呼んでいます」(ファッションライター)

 松本は慣れた手つきでオートロックを解除し、エントランスの中へ。もちろん、ふたりが同じマンションへやってきたのは偶然ではない。

「実は、松本さんは川谷さんが以前交際していたほのかりんさんのお友達なんです。'16年に『週刊文春』で、川谷さんとほのかさんが友人グループと1泊2日の旅行に行ったことを報じられたことがあるのですが、そのときのメンバーの1人が松本さんでした」(芸能プロ関係者)

 '16年1月にベッキーとの“ゲス不倫”が報じられ、そのわずか8か月後に週刊女性がスクープしたのが、ほのかとの交際だった。ダーツバーでの飲酒、そしてお泊まりをキャッチ。当時、ほのかがまだ未成年だったことから、彼女は出演していたレギュラー番組を降板し、川谷も活動を自粛することとなった。

 その後、ふたりはオープンに交際を続けていたが、昨年8月に破局が報じられる。

「川谷さんのほうがぞっこんだったそうですが、別れは川谷さんからだったそうです。松本さんが関係しているかはわかりませんが、別れる直前はケンカが絶えなかったそうですね」(スポーツ紙記者)

 週刊女性が目撃した冒頭のシーンに戻る。彼女の手にはスーパーの袋らしきものもさがっていたが、この後ふたりで“飲み直し”といったところだろうか。

「あの日、彼女はモデルの仕事が終わってから、六本木で友達と火鍋を食べに行っていたんです。日付が変わるくらいまで盛り上がっていました。翌日も仕事で早いのに、まさかあの後、彼の家に遊びに行っていたとは……。ちょっとの時間も一緒にいたいんでしょうね」(松本の友人)

1/2ページ

最終更新:5/22(火) 18:27
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8/14号

特別定価410円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。