ここから本文です

地球外生命体は、やはりエウロパに存在する、のか? 間欠泉が存在する新たな証拠発見

5/22(火) 20:15配信

ニューズウィーク日本版

米国航空宇宙局(NASA)は2018年5月15日(日本時間)、木星の衛星「エウロパ」に間欠泉があることを示す、新たな証拠を発見したと発表した。

他の写真、動画はこちら

論文は5月14日発行の学術誌「Nature Astronomy」に掲載された。

エウロパにはかねてより、分厚い氷の大地の下に広大な海があり、そこに生命が存在する可能性も考えられていた。もし間欠泉が存在するなら、その噴き出す水を探査することで、海の環境や生命の有無を調べることができるかもしれない。

■ 木星の衛星「エウロパ」

エウロパは木星の第2衛星で、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイによって発見された。同時期に発見されたイオ、ガニメデ、カリストと合わせて、ガリレオ衛星とも呼ばれる。直径は約3120kmで、地球の月に近い大きさをもっている。

過去の探査で、エウロパの表面は数kmの分厚い氷に覆われているものの、その地下には、液体の海があるとされる。この海は、木星との作用によってエウロパの海底で火山活動が起き、その熱によって氷が溶けて生まれたと考えられている。

さらに、水と熱源、そして有機物があれば、生命が生まれる可能性もある。もちろん、私たち人間のような“エウロパ星人“がいるとは考えにくい。だが、たとえば地球の深海には、海底から噴き出すメタンや硫化水素をエネルギー源とする、ちょっと変わった生命がいる。もしかしたらエウロパの海にも、そんな生命が生きているかもしれない。

だが、エウロパの海を探査しようにも、分厚い氷の大地という障壁が立ちふさがる。数kmの氷を突き破るような探査機は、いまの技術では現実的ではない。

■ エウロパの間欠泉

しかし、もしエウロパの大地のどこかが割れ、そこから地下の海の水が噴き出す間欠泉――地球上にもあるような、熱水や水蒸気を噴き上げる温泉があれば、探査機を通過させて観測することで、海を探査したのと同じ成果が得られる。

では、エウロパに間欠泉はあるのだろうか。

NASAは2012年と2016年に、宇宙望遠鏡「ハッブル」を使った観測によって、エウロパから水が噴き出しているように見える場所があることを発見。研究者らはこれを間欠泉ではないかと考えた。

もっとも、このハッブルによる観測はややあやふやなもので、間欠泉が存在する確実な証拠とは言えず、異議を唱える研究者もいた。

そこで今回、ミシガン大学の宇宙物理学者Xianzhe Jia氏らの研究チームは、これとは異なる方法で証拠を捉えようとした。

かつてNASAは、1989年に木星探査機「ガリレオ」を打ち上げ、2003年まで木星圏の探査を行った。そして1997年には、エウロパの近くを通過し、さまざまなデータを集めていた。

Jia氏らはその古いデータを、最新技術を使ってあらためて分析。その結果、あるときにエウロパの磁場とプラズマが変化していることがわかった。Jia氏らはこれを、エウロパから噴き出した水蒸気や塵によって影響を受けた結果だと考えており、すなわち間欠泉が存在する証拠だとしている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-6・26号
6/19発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

ニューズウィーク日本版の前後の記事

あわせて読みたい