ここから本文です

スペイン代表、W杯選外イレブンが超豪華。モラタやカジェホンらスターずらり

5/22(火) 15:24配信

フットボールチャンネル

 現地時間21日、ロシアワールドカップに臨むスペイン代表メンバー23人が発表された。

【2018年ロシアW杯】グループリーグ組み合わせ

 どの国も膨大な候補の中から23人を選ばなければならず、有力選手がリストから漏れてしまうこともしばしばある。アルゼンチン代表ではセリエA得点王のFWマウロ・イカルディが、ベルギー代表ではローマで獅子奮迅の活躍を披露したMFラジャ・ナインゴランが選外となった。

 もちろんスペン代表も例外ではない。今回のワールドカップでも優勝候補に挙げられる強豪国では、誰が4年に一度の大舞台に立つ資格を得られなかったのか。スペイン紙『マルカ』は、同国代表の「選外イレブン」をピックアップしている。

▽GK
セルヒオ・アセンホ(ビジャレアル)

▽DF
セルジ・ロベルト(バルセロナ)
マルク・バルトラ(ベティス)
ハビ・マルティネス(バイエルン・ミュンヘン)
マルコス・アロンソ(チェルシー)

▽MF
アシエル・イジャラメンディ(レアル・ソシエダ)
アンデル・エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド)
ダニエル・パレホ(バレンシア)

▽FW
ホセ・マリア・カジェホン(ナポリ)
アルバロ・モラタ(チェルシー)
ビトーロ(アトレティコ・マドリー)

 以上が、『マルカ』紙が選んだ11人である。いずれも所属クラブでは中心を担う選手たちで、クオリティだけで見れば代表のレギュラー格でもおかしくないスターが揃う。チェルシーで期待はずれのシーズンを送ったとはいえ、モラタの選外などは驚きをもって伝えられた。

 他にもリーガ・エスパニョーラを制したバルセロナで不動の右サイドバックだったセルジ・ロベルトや、バレンシア復権の象徴として輝きを放ち、今年3月に念願のA代表デビューも飾ったパレホらも落選となっている。

 この11人に含まれていないメンバーでは、セスク・ファブレガス(チェルシー)やフアン・マタ(マンチェスター・ユナイテッド)、ペドロ・ロドリゲス(チェルシー)、ファンフラン(アトレティコ・マドリー)、イケル・カシージャス(ポルト)ら、近年のスペイン代表を支えてきたスター選手たちもワールドカップ行きを逃した。

 ワールドカップはサッカーに関わる者であれば、誰もが一度は立ちたい大舞台。そこにたどり着くまでの道のりは、スター選手といえども簡単なものではないと言えそうだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)