ここから本文です

マイルを制するものは2400を制す。名手武豊とジャンダルムが栄光を掴む。

5/23(水) 7:01配信

Number Web

 「将来的にはブリーダーズCマイルを目指したい馬」

 調教師の池江泰寿がそう語るのはジャンダルムだ。

 父はKitten's Joy、母は名スプリンターとして知られたビリーヴだ。

 父はアメリカでの現役競走馬時代、芝2000mのGIを2勝。2400mのブリーダーズCターフは2着だった。くわえてこの母ということもあり、血統的にはたしかにダービーの舞台となる2400mは少々長く思える。池江は言う。

 「体形や気性的なことを考えても本質的にはマイラーだと思っています」

 だから昨年9月のデビュー戦も1600m戦を使った。武豊を背にしたジャンダルムは結果、このレースを勝利するのだが、目にとまったのはその競馬ぶり。好位で控えると、勝負どころではいつでも先行勢を捉まえられるといった手応えだった鞍下に対し、鞍上は我慢に我慢を重ねた後、追い出した。

 「ジョッキーが距離をもつように教えつつ、結果も出してくれました」

 その手綱捌きを指揮官はそう評した。

「まずはダービーを目指すのは当然」

 続くデイリー杯2歳Sはまたもマイル戦ということもあり、鋭く伸びて連勝した。当時の2着が後にニュージーランドトロフィーを制すカツジであり、3着はGⅠのNHKマイルCを優勝するケイアイノーテックだったのだから、やはり1600mでのジャンダルムの能力の高さは折り紙付きと言って良いのではないだろうか……。

 しかし、続く一戦で、池江は2000mのホープフルSに矛先を向けた。

 「どうしても距離に不安のある馬ならともかく、そうでない限り、まずはダービーへ行ける路線を目指すのは当然です」

 これは何も池江の独りよがりでないことは、先に記した新馬戦における武豊の騎乗ぶりからも分かる。そして、その考えに誤りがないことを、証明したのはジャンダルム自身であった。

ホープフルS、弥生賞での連続好走。

 2歳2000mの新設GIとなったホープフルSで、タイムフライヤーの末脚にこそ屈したものの2着に好走。それはクラシック戦線でも充分に目処の立つ内容であった。

 3歳初戦。前走のホープフルSと同じ舞台の弥生賞に出走した。これは次に予定をしている皐月賞とも同じ中山の芝2000m。この前哨戦は、ある意味、クラシック本番に直結するか否かを占う一戦でもあった。

 ジャンダルムはここでもまた結果を残す。昨年の最優秀2歳牡馬に選出されたダノンプレミアムとこれもまたここまで3戦無敗だったワグネリアンにこそ遅れをとったものの、3着と好走してみせたのだ。

 「弥生賞でこれだけ走れたことで、距離がどうこうというのはもうナンセンスだと思うようになりました」

 池江が言うように、クラシック一冠目と全く同じシチュエーションでの2戦連続の好走は、本番への約束手形でもある。それは過去の歴史の裏付けをみるまでもない。だから当然、皐月賞でも期待を懸けた。

 「状態は良かったし、3番枠という枠順も絶好でした。当然、好勝負ができると思って送り出しました」

1/2ページ

最終更新:5/23(水) 12:36
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

954・955・956号
6月14日発売

特別定価600円(税込)

日本代表、未来を懸けて。

【独占インタビュー】 西野朗「新たなページをめくるために」
【エースインタビュー】 ファルカオ/マネ/レバンドフスキ