ここから本文です

コーデもパルムドール? 服ににじみでる安藤サクラの面白さ〈週刊朝日〉

5/26(土) 11:30配信

AERA dot.

 1986年、俳優・奥田瑛二とエッセイスト・安藤和津夫妻の次女として生まれた俳優の安藤サクラが、映画「万引き家族」が日本映画として21年ぶりにパルムドールを受賞したカンヌ国際映画祭に出席。5月14日に、フォトセッションに現れた姿を、ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。

【写真】ファッションチェックした安藤サクラさんのワンピース 全身ショットはこちら

*  *  *
 スカーフを腰からぶら下げたみたいな裾フレアのワンピース。それもトルコのイズニックタイル柄って、あんまり見かけないよね。そこにスタンドカラーのレザージャケットを羽織って、とどめの一発は足元だよ。靴のデザインが凝りに凝ってる。とにかく一度見たら忘れられないくらい、チャレンジングな靴だと思うな。

 ま、それぞれのアイテムは面白いけど、全体のバランスはといえばイマイチ。決してかっこいいとは言えないよね。でもさ、彼女は乗りに乗ってる女優で、ここは世界的な映画祭の会場。普通じゃない人が普通じゃない場所にいるんだから、誰もが思いつくようなオシャレをする必要なんて、ひとつもないんだよな。

 それに今は、安いものを、手短なところで、かっこよく着るのがよしとされる時代。凝りに凝ったものを、苦労して、失敗上等で着ている彼女とは、真逆なんだよね。ファッションを通して自分を奮い立たせる。そんな闘う女優と見たね。今どき珍しいタイプだよ。みんなこうだと、芸能界もずっと面白くなるんでしょうが。

(構成・福光恵)

※週刊朝日  2018年6月1日号

最終更新:5/26(土) 15:44
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!