ここから本文です

全身がん闘病の樹木希林、遺影撮影済み「最期は自宅で」

5/24(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

《行きの飛行機の避雷針が雷を受けました。異様な響きとともに私の座席の天井が破け、酸素マスクや破片やゴミがバラバラッと落ちてきました。「是枝さん、もうくす玉が割れちゃったから賞はおしまい」…のはずがめでたいことです》

 5月20日、カンヌ国際映画祭で『万引き家族』(6月8日公開)が最高賞のパルムドールに輝いたことを受け、樹木希林(75才)は独特の表現で是枝裕和監督(55才)に祝いの言葉を贈った。

 東京の下町を舞台に、万引きで生計を立てる一家の絆を描いた。樹木は、日雇い仕事のかたわら万引きを繰り返す息子・治(リリー・フランキー、54才)やその妻・信代(安藤サクラ、32才)、信代の妹で風俗店で働く亜紀(松岡茉優、23才)など、それぞれに事情を抱えた一家のまとめ役を好演した。

 カンヌから歓喜の一報が届く前日の5月19日、都内の高級中華料理店には樹木とその「家族」の姿があった。テーブルを囲んだのは、樹木と内田裕也(78才)の長女・内田也哉子(42才)と、也哉子と本木雅弘(52才)の間に生まれた次男(8才)だった。今、樹木と家族の関係には、ある変化が起きている。

「本木さん一家は、6年前の2012年頃に生活の拠点をイギリス・ロンドンに移しました。ですが最近になって、也哉子さんが東京に戻ってきているんです。希林さんは裕也さんと『45年別居』状態でずっとひとり暮らし。病気のこともあって、也哉子さんがいろいろと希林さんの身の回りの面倒をみているようです」(芸能関係者)

 5月14日に行われた『万引き家族』の公式上映のため、樹木は遠くフランス・カンヌに足を運んだ。初めて体にがんが見つかってから14年。人前では苦しい素振りを見せないものの、病気を抱えた75才の体には負担の大きい“出張”にも、也哉子は付き添った。

「テレビ番組やスクリーンで見る希林さんは“本当に病気なの?”と疑ってしまいたくなるほど元気な印象ですが、3泊5日の強行軍ということもあり、カンヌでの希林さんはかなり疲れていて、体調が優れない様子で、歩くのはとてもゆっくりだし、ぼんやりしていたり、肩で息をしたりするシーンもあったそうです。

1/3ページ