ここから本文です

スロークッカーを料理以外に活用する10のアイデア

5/24(木) 11:11配信

ライフハッカー[日本版]

材料を入れて温めるだけで料理ができるスロークッカーはとても便利な調理家電ですが、調理以外にも活用できます。今回は、それらの中でおすすめの方法を10個、ご紹介します。

【記事の全画像】スロークッカーを料理以外に活用する10のアイデア

手作りに関するものが多いので、DIY好きの人は、専用にもう1つ買ってしまうかもしれません。でも、今ある料理用のスロークッカーを使ったとしても、しっかり洗えばまた料理に使えるので大丈夫です。

1. 石けん作り

石けん作りのすばらしいところは、自分の好きな香りや材料を加えられる点です。たとえば、ライフハッカーの過去記事(英語)で紹介した作り方では、材料は水、オリーブオイル、ココナッツオイル、苛性ソーダ溶液(※危険な薬品なので扱いに注意してください)だけです。これらをスロークッカーで1時間じっくり加熱すれば、手作り石けんの出来上がりです。

2. ペンキを落とす

ペンキの汚れを取るときは、薬剤を使う代わりに、使っていない古いスロークッカーに水を入れて一晩加熱しましょう。この方法は、オイルやラテックス、スプレーペイントなどが付いた場合でも有効です。なお、より詳しくは、こちらの過去記事を参照してください。

3. 布や糸を染める

スロークッカーを使えば、染めている過程を見ていなくてもよいので染色作業が楽になります。スロークッカーに、染色用の材料を入れ、ゆっくり加熱することで色が染まっていきます。アキノキリンソウを使った染色の方法は下記の通りです。

1.スロークッカーの中にアキノキリンソウと水を入れ、その上に布を置く
2.お酢と、さらに水を加える
3.その上にメタル製のリングを置いて布が動かないようにする
4.スロークッカーのふたをして、8時間加熱する。
5.8時間が過ぎたら、草の上に布を置いて乾かす(私は、色を定着させるために、ドライヤーを使って乾かしたあと再度水洗いして、洗濯物のように干しました)。

ちなみに、紙も染められるそうです。実験が好きな方はやってみてください!

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

あわせて読みたい