ここから本文です

政治、音楽、そしてサッカーが融合!世界一特別なクラブ、リバプールの謎。

5/24(木) 11:31配信

Number Web

 「リバプールFC」という名前には特別な響きがある。個人的には1970年代はじめの『サッカーマガジン』誌リバプールFC特集号の中での「シャンクリーが栄光を連れてきた」という言葉が、強く心に刻み込まれている。

【動画】ついに来日! イニエスタのバルサ退団感動セレモニー。

 流行でもなければスノビズムでもない。もちろん単なるノスタルジーでもない。この数十年というものリバプールは、サッカーとともに生きようとする世界中の人々を惹きつけてきた。

 いったいリバプールの何が特別なのか。人々は何に魅せられるのか――。

 『フランス・フットボール』誌4月24日号では、フィリップ・オクレール記者が2007年以来のチャンピオンズリーグ決勝に進んだリバプールへのオマージュを捧げている(雑誌のメイン特集としては、直前に迫った準決勝ローマ戦のプレビューなのだが)。

 「マージーサイド(マージー川の河岸=アンフィールドロードのある場所)」の過去から現在をオクレール記者が紐解く。

 監修:田村修一

レッズは「何か特別なもの」がある世界唯一のクラブ。

 「彼は人々を幸福にする」

 “コップ(アンフィールドのゴール裏スタンドの意/転じてリバプールファンの愛称)”の入り口前に建てられたビル・シャンクリーの彫像の台座に、この言葉は刻み込まれている。

 リバプールにおけるモダンサッカーの祖となったシャンクリーの、それは信条でもあった。

 「私の目的は人々を幸福にすることだ」

 およそ半世紀を経て、ほとんど同じ言葉が別の人物から語られた。ユルゲン・クロップが、偉大なる先達監督である“シャンク(シャンクリーの愛称)”と同じ言葉を口にしたのは単なる偶然なのか、それとも何か必然的な理由があったのか――。

 リバプールの絶対的な信奉者は、マージーサイドに住む人々だけに限らない。彼らにとってはアンフィールドで吸い込む空気には特別の香りがあり、クラブへの愛の共有であり伝播に他ならない。クロップはその幸福な伝染病の、最も直近の感染者に過ぎない。

 もちろんリバプールだけが、そうした一体性を体現する唯一のクラブではない。インテルからリーベル・プレートまで、同様の求心力を持つクラブは世界に幾つも存在する。

 ただ、“レッズ(リバプールFCの愛称)”が他と異なるのは、レッズこそは「何か特別なもの」を持つ世界で唯一のクラブであると信じられていることである。

1/5ページ

最終更新:5/24(木) 12:36
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

954・955・956号
6月14日発売

特別定価600円(税込)

日本代表、未来を懸けて。

【独占インタビュー】 西野朗「新たなページをめくるために」
【エースインタビュー】 ファルカオ/マネ/レバンドフスキ