ここから本文です

量産車世界初のフロント・ディスクブレーキ採用、世界にナナハンを知らしめたホンダ・ドリームCB750FOUR

5/25(金) 7:41配信

clicccar

ツインリンクもてぎにあるホンダコレクションホールが、開館20周年を記念した新展示開催にあたり、ホンダの歴史上欠かせない車両を走行させる特別イベントを行いました。そこで、数回に分けて実走車両を紹介していきます。

最高速200km/hオーバー! CB750FOURの他の画像はコチラ!

1969年に発表されたドリームCB750FOURは、北米や日本市場に大排気量スポーツという概念を浸透させた記念碑的モデルです。

その登場から4年前の1965年、ホンダはドリームCB450という2気筒DOHCモデルを発表していました。

このCB450はリッターあたり100ps近い、43psという出力を持つ高性能なモデルでした。

しかし北米市場からは大排気量による分厚いトルクで速さを得るようなバイクを求める声も大きく、これに応える形で開発されたのが4気筒750ccのスーパースポーツ・CB750FOURだったのです。

そのスペックは当時としてはすさまじく、736ccの排気量から67psを発揮。最高速は量産バイクとして初めて200km/hを超えるというものでした。

しかし、このマシンを特徴づけたのはこうしたスペックだけではありません。4本出しのマフラーによる堂々としたルックや、これまた量産車世界初のフロント・ディスクブレーキ採用など、「所有欲をくすぐる」仕掛けが多かったこともニュースだったのです。

スペックなどの数字だけでなく、人の感性もくすぐるモノ作り。今に通じるホンダの姿勢は、50年前のモデルにもしっかり見て取れるのでした。

主要スペック
全長:2160mm
全幅:885mm
全高:1120mm
排気量:736cc
最高出力:67ps/8000rpm最大トルク:6.1Kg・m/7000rpm

(写真・動画・文/ウナ丼)

最終更新:5/25(金) 7:41
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース特設ページ