ここから本文です

「頼むからリバプールを倒してくれ」マンUレジェンドのベッカム、“盟友”ジダンに宿敵撃破を懇願!

5/26(土) 14:24配信

SOCCER DIGEST Web

古巣にエールも送ったベッカムがジダンにかけた言葉は?

 5月26日、レアル・マドリーとリバプールのチャンピオンズ・リーグ(CL)が決勝戦を行なわれる。王者がタイトルを守るのか、リバプールが13年ぶりに欧州王者の称号を手にするか、注目の大一番だ。

【画像】この夏ロシアに集結する、世界の「美女サポーター」たちを総チェック!

 この一戦は、現役戦士にとっても重要だが、クラブOBにとっても思いのつのる試合だ。とりわけ、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカムにとっては、特に気持ちが入るものとなるだろう。

 というのも、ベッカムにとってマドリーは2003年から4年に渡って、「銀河系軍団」の一員としてプレーした古巣ということもあって、かなりの気合が入っているようだ。

 英紙『Daily Mail』によると、ベッカムは、マドリー時代のチームメイトでもあった“盟友”ジダンとの対談で、「選手として成功し、今は監督としても成功。素晴らしいボスだ。信じられないよ」と賛辞を寄せ、「CLファイナルでジズーの、ボスの、会長の、そしてクラブの幸運を祈っている」と古巣の欧州制覇にエールを送った。
 

 さらに対戦相手がリバプールであることも、ベッカムにとってより一層の“モチベーション”になっている。かつてのマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドは、その最大のライバルが欧州を制覇するのを見たくないようだ。

 サッカー界きっての“貴公子”は、かつての仲間に、「頼むからリバプールを倒してくれ。お願いだよ」と、宿敵相手に勝つようにリクエスト。これに対してジダンも力強く反応している。

「ファイナルにたどり着くために、我々はたくさんの仕事を、苦しみに耐えてきた。全員が大変な犠牲を払い、たくさん仕事をしてきたんだ。監督になることを決めてから、私は不可能なことはないと考えてきた。マドリーの指揮官になることで、素晴らしいことを成し遂げられるはずだと分かっていたんだ」

 前人未到のCL3連覇が実現すれば、ジダンの言う通り、「素晴らしいこと」になるのは間違いない。はたして、マドリーはベッカムの望みどおり、リバプールを倒してCLに新たな歴史を刻むことができるだろうか。
 

最終更新:5/26(土) 14:27
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事