ここから本文です

【新型シビック・セダン試乗】独特なボディサイズ、実は3シリーズやCクラスと同サイズ。もちろんコスパは抜群

5/27(日) 12:04配信

clicccar

新型シビック セダンは、全長4650mm・全幅1800mmというサイズを持つ4ドア車両です。実はこのサイズ、国産セダン界隈では独特なボディサイズといえます。

同クラス内の価格でも勝負できるシビックセダンの他の画像も見る

例えば同じ1.5Lエンジンを積む(ラインナップを持つ)カローラアクシオは全長4400mm・全幅1695mmです。

つまり、今回のシビックは1800mmの全幅をとらえて「大きくなった」「もはやこれはシビックではない」という風に言われるケースが多かったのですが、実は全長も大きくなっていたのです。

さて国内市場で見ると独特のボディサイズを持つシビックですが、世界に目を向けるとちょっと意外な事実が判明します。実はBMW・3シリーズやメルセデスベンツ・Cクラスとほぼ同じ寸法なのでした。

ちなみにBMW・3シリーズは全長4645mm・全幅1800mmと、シビックセダンとほぼ一緒。メルセデス・ベンツのCクラスは全長4690mm・全幅1810mmです。国内だけで見ると独特なボディサイズですが、世界基準で見れば最もライバルが多くひしめきあってるカテゴリーだと言えることができます。

ただしこれを価格の面で見ると、また様相が異なってきます。3シリーズやCクラスを購入するには400万円台中盤以降のお金を払う必要がありますが、シビックは265万円です。

同じボディサイズで広大な室内を持ち、パワフルな直噴ターボを積むモデルが、3シリーズやCクラスより約200万円ほど安く買えるというわけですね。シビックのコスパ、半端ないんですけど。

(ウナ丼)

最終更新:5/27(日) 12:04
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)