ここから本文です

【CL決勝 レアル・マドリー×リバプール|採点&寸評】 ジダン采配が見事に的中。途中出場から驚愕の2ゴールを奪ったベイルがMOMに!

5/27(日) 11:46配信

SOCCER DIGEST Web

レアル・マドリー――圧巻だった61分からの“ベイルショー”

[チャンピオンズ・リーグ決勝]レアル・マドリー 3-1 リバプール/5月26日/オリンピスキ

【動画】R・マドリーが3連覇! リバプールとのCL決勝ハイライトをチェック!

【レアル・マドリー|採点・寸評】
チーム 7
前日会見でマルセロが言っていたように、序盤は相手の出方をうかがって慎重にプレーしていたが、敵のエース、サラーの退場によって精神的に優位に立つと一気に試合を支配しはじめる。後半にベンゼマが相手GKカリウスのスローに足を出して狡猾に奪ったリードは、直後のマネのゴールで帳消しにされてしまったものの、途中出場のベイルが豪快なバイシクルで決勝点をマーク。その後はチャンスを決めきれず、とどめを刺せずの時間が続きながらも、ふたたびマルセロのアシストからベイルがブレ球のミドルでカリウスのミスを誘った。3シーズン連続、最近の5年で4回目、通算13度目のヨーロッパ王者に輝いた。

[GK]
1 ケイラー・ナバス 6.5
23分、アレクサンダー=アーノルドの強くて撃ちどころが見えにくいシュートをキャッチで抑え、ハイボールにはパンチングでシンプルに対応。ロブレンのヘッドをマネに押し込まれる形で1点を失ったが、全体的には安定したパフォーマンスを披露した。相手GKとのコントラストは濃厚なものに。

[DF]
2 ダニエル・カルバハル 6(37分OUT)
マネのスピードとスキルに困惑するシーンもあったが、激しいタックルを敢行したり、ハイボールにもタイミング良いジャンプで対応。攻撃面では確実にポゼッションを高めつつ、C・ロナウドの最初の決定機をお膳立てした。負傷交代した後は、ピッチでもドレッシングルームでも涙を流したと指揮官が明かしている。

4 セルヒオ・ラモス 7.5
マルセロの裏のスペースをカバーし、もっとも危険な相手サラーをしつこくハードにマーク。ヒールにもなれる闘将は文字通りのエースキラーとして、故意ではないはずだが、相手を病院送りにした。当然のブーイングもどこ吹く風。主将として出場した決勝を勝ち続ける真のタフガイだ。

5 ラファエル・ヴァランヌ 6.5
序盤の危ないシーンにはつねに顔を出してピンチを回避。ボールを持った時に不安定な姿を見せたこともあったが、パニックには至らず。エアバトルでは相変わらずの強さを見せた。

12 マルセロ 7
立ち上がりは対峙するサラーを警戒してか、いつになく慎重だった。だが、そのライバルがいなくなってからは俄然勢いづき、普段のように高い位置でポゼッションと崩しに存在感を示し、ベイルのふたつのゴールをお膳立て。幸運があったとはいえ、終わってみれば、このゲームのポイントと言われていたマドリーの左サイド(リバプールの右サイド)は彼のものだった。
 
[MF]
8 トニ・クロース 6
中盤左サイドの低い位置でボールを引き出し、ゲームを組み立てた。ただ、いつもよりややパスの精度が低く、珍しいボールロストや不用意なファウルも散見された。

10 ルカ・モドリッチ 7
的確な判断で前に行くべきところと、いなす局面をしっかり見定め、流れを引き寄せる役割をまっとう。ディフェンスの貢献度も高く、激しく身体を投げ出したり、ファウル覚悟のプレーも繰り出した。

14 カゼミーロ 6.5
危険な時間帯は下がって最終ラインに入り、多くの仲間が対応に苦戦したマネの突破も何度か防いだ。かと思えば、突如として前線に上がってフリーでチャンスを創出。優勝セレモニーで指揮官が何度も肩を撫でて讃えたのは、特大の信頼の証だ。

22 イスコ 6.5(61分OUT)
幅広く動いてポゼッションを高め、43分にはC・ロナウドのヘッドにつながるクロスを放った(ベンゼマが詰めるもわずかにオフサイド)。無人のゴールに蹴ったシュートはバーに当たり、惜しくも得点ならず。

1/4ページ

最終更新:5/27(日) 23:17
SOCCER DIGEST Web