ここから本文です

最強の共演!高円寺のおひとりさまが愛する“満腹ジャンク飯”

5/27(日) 20:00配信

東京ウォーカー

JR高円寺駅のガード下に延びる商店街・高円寺ストリート。こぢんまりとした飲食店や雑貨店、レコードショップなどが軒を連ね、レトロな雰囲気を醸し出している。

【写真を見る】カレーに+190円でコロッケ1個とキャベツ、みそ汁が付き、よりバランスのとれた食事になる

昼間からほの暗い通りを阿佐ヶ谷方面に向かって歩くこと3分、今回目指すひとりメシの店「タブチ」が見えてきた。月日を重ねてきたものだけが出せる風格を備えた、独特の赤色の看板に、否が応でも期待が高まる。

■ 気前よく盛られたカレーと牛丼が共演する看板メニュー

タブチのおひとりさま率は脅威の90%、そのほとんどが男性客だという。彼らが厚く支持するのは「牛丼&カレーのW盛り合わせ」(650円)。特筆すべきはこのボリューム! 幅30cmを優に超える皿に、牛丼とカレーという主役級の2品が仲良く並んでいる。

ごちゃまぜにしてかき込みたい衝動をグッと抑え、まずは別々に味わう。

まろやかな甘口のルーに大きめにカットされた野菜がゴロゴロ。煮込まれて角が丸くなったジャガイモとくたくたのタマネギに、“実家のカレー”を思い出す。

続いて牛丼エリアへ。甘辛く味付けられたたっぷりの牛肉と、先ほどとはうって変わって、少しシャキシャキとした食感が残るタマネギがGood Jobだ! 

個別でも完成度が高いのに、この2つがタッグを組んだらどうなってしまうのだろう…?

牛肉を惜しげもなくスプーンにのせ、カレーのルーにくぐらせる。なんとも贅沢でジャンクな組み合わせだ。くせのない甘めのルーと、あえて厚めに切っているという牛肉の歯ごたえ。「2人で高みを目指そうぜ!」というバディ感を思わずにはいられない。

カレーや丼は+100円で大盛りにできる。普通盛りでもボリューミーだが、大盛り3杯を一気にたいらげる猛者もいるのだとか。カロリーやメタボなんて言葉をつかの間忘れさせるチカラがこのメニューにはあるのだ。

ちなみにカレーは辛口もあるので、辛党の方もご安心を。ご主人いわく「結構辛いと思う」とのこと。辛さに耐えられる自信のある方はどうぞ。【東京ウォーカー】

(東京ウォーカー・東京ウォーカー編集部)

最終更新:5/27(日) 20:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

秘密にしたいかき氷
綾野剛インタビュー
進化系餃子10選
下北沢さんぽ