ここから本文です

レアル、CL決勝で破竹の7連勝。タイトル懸かる試合で圧倒的勝率誇る

5/27(日) 20:21配信

フットボールチャンネル

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝が現地時間26日に行われ、レアル・マドリーとリバプールが対戦。FWカリム・ベンゼマの1ゴールとFWガレス・ベイルの2ゴールによりマドリーが3-1の勝利を収めて優勝を飾った。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 これでマドリーは大会3連覇を達成。1956年から60年にかけて5連覇の金字塔を打ち立てたマドリーと、1970年代にそれぞれ3連覇を成し遂げたアヤックスおよびバイエルン・ミュンヘン以来、歴代4例目となる3年連続の欧州制覇だ。

 今回も含めてマドリーは16回決勝に進んでおり、敗れたのはそのうちわずか3回。決勝では約81%という高い勝率を誇っている。

 1981年の決勝でリバプールに敗れて以来、マドリーは決勝で7連勝を収めたことになる。1998年にはユベントス、2000年にはバレンシア、2002年にはレバークーゼン、2014年と16年にはアトレティコ・マドリード、昨年は再びユベントスを破った。

 CL決勝以外を含めても、国際タイトルの懸かる試合では実に13連勝。2000年トヨタカップでボカ・ジュニオルスに敗れて以来、クラブ・ワールドカップ決勝やUEFAスーパーカップも含めた全ての試合に勝利してきた。一発勝負の決勝戦での勝率は「五分五分」だとよく言われるが、マドリーには当てはまらないようだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)