ここから本文です

「カトパン」見せ場作りで「ブラックペアン」にケチ 学会から抗議

5/27(日) 5:59配信

デイリー新潮

 連ドラデビューが、福を逃した格好になった。カトパンこと加藤綾子(33)が日曜劇場「ブラックペアン」で、治験コーディネーター(CRC)役を演じている。しかし、お世辞にも演技が上手とは言えず、おまけに、現実離れした役にCRCの団体から抗議される有り様なのだ。

 毎週日曜夜9時から放送される日曜劇場は、TBSの看板ドラマ枠。「ブラックペアン」は4月22日からスタートした。嵐の二宮和也が主役の天才外科医を演じ、カトパンは病院に出入りするCRCという役だ。

 しかし、スポーツ紙の芸能担当記者によれば、

「ドラマとはいえ、カトパンの役があまりにリアリティに欠けています。本来、CRCは、医師の指示に従って被験者に治験の効果や副作用などを説明し、治験参加の同意を得たりするのが仕事です。カトパンのCRCは医師を高級レストランで接待したり、被験者に渡す交通費名目の負担軽減費が本当は1万円にも満たないのに、300万円だったりとあり得ないことばかりなのです」

 その結果、5月7日に、「日本臨床薬理学会」から「あまりに実像からかけ離れている」などと、TBSの武田信二社長と番組宛てに“抗議文”が送られた。

女優転身の理由

 そもそも、海堂尊の原作『ブラックペアン1988』にCRCは登場せず、カトパンの見せ場作りのためにもうけられた役だった。

 作家の麻生千晶氏に、感想を聞くと、

「加藤さんは美人アナとして名を馳せているのに、どうして女優をやらなければならないのかしら? と、こちらが首を傾げるくらいの演技力です。決して、お上手とは言えません。演出家の指示通りに動いているのでしょうが、暗記したセリフを一生懸命言っているだけに見えてしまいます」

 やはり、いきなり女優は務まらないのだ。

 しかし、フジテレビ退社後、フリーアナとして出発したはずが、なぜドラマに出演しているのか。

 前出の記者によれば、

「彼女の事務所は、篠原涼子や谷原章介などが所属し、ドラマやバラエティ番組へのキャスティングに強みがある。でも、カトパンは当初、アナウンサーとして各局に売り込みを図ったものの、期待したほど仕事が取れなかったのです」

 そのため、強みのある分野で、あらためて女優として売り出そうとしているのではないかという。

「『半沢直樹』や『下町ロケット』も手掛けた日曜劇場の制作陣が、わざわざ演技下手のカトパンを起用したのは今後のドラマ作りのため、事務所に恩を売っておきたかったのでしょう。ただ、そのキャスティングと突飛な脚本のせいで、視聴率はイマイチ。『半沢直樹』は初回19・4%からずっと右肩上がりでしたが、『ブラックペアン』は初回の13・7%から低空飛行を続けています」(同)

 これまで、アナ出身の女優で成功したのは野際陽子くらいしかいない。カトパンは、初物でも価値はなかった!?

「週刊新潮」2018年5月24日号 掲載

新潮社

最終更新:5/27(日) 5:59
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。