ここから本文です

井上尚弥、大本命WBSSの優勝オッズは驚愕「1.62倍」 英ブックメーカーが設定

5/28(月) 11:50配信

THE ANSWER

英大手ブックメーカーが設定したオッズは「1.62倍」、次点のロドリゲスが「5倍」とまさに大本命扱い

 ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ちを収め、3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。試合後、超高額賞金の一大イベント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」に参戦することを正式表明。これを受けて、英国大手ブックメーカーはボクシング界のワールドカップといえる祭典のバンタム級チャンピオン4人の最新の優勝オッズを設定。バンタム級転向初戦を終えたばかりの井上が大本命に認定されている。

【動画】今見ても衝撃と興奮が再び、世界のファンから「パンチはショットガン」の声も…HBOがYoutubeで公開した井上の衝撃の米デビュー戦

 英国が誇る10年無敗の王者マクドネルが手も足も出なかった井上。あっさりと3階級を制覇した112秒は、世界に衝撃を与えたようだ。今年新設されたWBSSバンタム級大会の押しも押されもせぬ大本命に認定された。

 英大手ブックメーカー「パディ・パワー」は最新の優勝オッズを発表。Naoya Inoueにつけられたオッズはなんと「1.62倍」。13ポンドを賭けても21ポンドしか戻ってこないという大本命だと認められている。

 2番手はIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の5倍。11秒KO男こと、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)と、WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)は7倍で並んでいる。

 バンタム級デビューからわずか数日で、ボクシングが盛んな英国から最強評価を勝ち取ったことになる。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/29(火) 2:04
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュース特設ページ