ここから本文です

「体罰は当たり前」日大アメフト部OBが語る“暴力の伝統”

5/29(火) 0:02配信

女性自身

5月6日、関西学院大学との定期戦で行われた日本大学アメリカンフットボール部の“反則タックル”。22日にタックルを行った宮川泰介選手(20)が会見を開き、監督とコーチの指示だったことを明らかにした。それに対して、内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(30)は24日に会見を開き、反則タックルが宮川選手の“誤解”に基づくものと主張した。

'03年に大学日本一21回を誇る超名門チームの監督に就任した内田氏。`16年にいったん監督を退くも、昨年復帰。日大アメフト部を27年ぶりの大学日本一に導いた。だが、その栄冠の裏で約20人もの大量退部者を出している。TBSの報道によると、大量退部の原因はコーチによる部員への暴力だという。

だが、「日大アメフト部内の暴力は、内田前監督時代に始まったものではない」と語るのは、内田氏の前任者・篠竹幹夫元監督(故人)時代を知る日大アメフト部OBだ。篠竹元監督は、44年にわたって日大アメフト部を率いた伝説的な監督として知られている。

「体罰は当たり前ですよ。篠竹監督、コーチ、上級生からはもちろん、同級生同士でも殴り合いがありましたね。当時、内田さんはコーチでした。その時から厳しい人でしたが、篠竹監督のような独特の怖さはなかった」

篠竹元監督は生涯独身を貫き、学生寮に選手とともに住んでいた。練習時はもちろん、寮の中でも些細な理由で、鉄拳が飛んできた。

「選手と監督は一緒に風呂に入るんですが、そこで必ず監督と話をしなければならない。話がおもしろくなかったり、つまらないことを言ったりすると、容赦なく殴られました」

篠竹元監督のもとで、選手とコーチを経験した内田前監督は“伝統”をしっかり引き継いだようだ。暴力的な指導は日大アメフト部の60年来の“伝統”となってしまっていた。だが、篠竹時代とは違う点もあるという。

「内田さんは選手との『コミュニケーションはほとんどない』と会見で話していました。宮川くんも監督と『そもそもお話する機会がない』と。篠竹監督にはもちろん口答えなんてできません。でも、監督はいつも選手のそばにいました。そこが、いまのアメフト部との決定的な違いです。要は、内田さんは負の遺産だけしか引き継がなかった」

今回の問題を受けて、日大アメフト部の選手たちは、監督らの見解を否定する声明を出す予定だという。60年来の悪しき伝統を捨て去る最後のチャンスがやって来た。

最終更新:5/29(火) 1:53
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2837号・9月18日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

渡辺直美 来年NYお笑い修行へ!
滝沢秀明 渋谷すばるとの約束
三田佳子「もうお金ないの…」