ここから本文です

西野ジャパン、逆風の船出 ガーナに0-2完敗でサポーターが怒りの大ブーイング

5/30(水) 22:14配信

Football ZONE web

試合終了のホイッスルとともにブーイングが発生

 西野朗新監督の初陣となった国際親善試合ガーナ戦で、日本代表は0-2と完敗を喫した。大雨の日産スタジアムに集結したサポーターは試合終了のホイッスルの瞬間、地鳴りのようなブーイングを浴びせかけた。

【写真】「日本の女子校生風スカート姿」と反響! 来日のW杯ロシア美女アンバサダー、“白いブラウス&ショートスカート”公開

 バヒド・ハリルホジッチ監督が電撃解任され、招集外となる機会が増えていたパチューカFW本田圭佑、ドルトムントMF香川真司、レスターFW岡崎慎司というベテランを集結させた西野監督。来日間もない1・5軍のメンバーで、ワールドカップ出場権を逃したガーナ相手に攻撃陣は沈黙。個人能力で圧倒させられた。

 千葉県内での合宿から導入された、フランクフルトMF長谷部誠を中央に据える3バックをテストしたが安定感を示せなかった。

 31日に行われる23人の本大会登録メンバー発表に向けて大事なアピールの舞台になるはずだったが、西野監督は日本がシュートを外すたびに帽子を抱えて悔しがるばかり。収穫ゼロの壮行試合に、サポーターも我慢限界といった様子だった。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/30(水) 22:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事