ここから本文です

「日本は守りが弱かった」とガーナ監督苦言 西野監督への“寛大な気持ち”を報道陣に要望

5/30(水) 22:26配信

Football ZONE web

完敗の日本代表に「W杯に向けて負けた方が良い場合がある」と同情も…

 西野朗監督率いる日本代表は、ロシア・ワールドカップに向けた30日の壮行試合ガーナ戦で0-2と完敗した。ガーナ代表のジェームズ・アッピアー監督は、西野ジャパンについて「守りが弱かった」と苦言を呈した一方、日本メディアに異例のリクエストを出している。

【写真】「日本の女子校生風スカート姿」と反響! 来日のW杯ロシア美女アンバサダー、“白いブラウス&ショートスカート”公開

 日本代表は3-4-2-1システムを採用し、後半途中から3-4-1-2、4-4-2などもテストしたが不発に終わった。試合は前半8分にFKから先制点を献上すると、後半6分には最終ラインにパスを通され、GK川島永嗣が相手を倒してPKを献上。痛恨の2失点目を与え、そのまま0-2で敗れている。

 試合後、ガーナのアッピアー監督は「日本はボールを持っていたが、守りが少し弱かったと思う」と苦言を呈した。まさかの敗戦を喫した日本代表だが、同監督は「W杯に向けて負けた方が良い場合がある。こういうミスをすれば同じミスをしなくて済む」と同情を寄せている。

「日本はフィニッシュが完璧ではなかった」と課題を挙げつつ、「メディアの皆さん、コーチ(西野監督)には寛大な気持ちでいてあげてください」と、異例とも言えるリクエストをしている。

大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki

最終更新:5/31(木) 13:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新