ここから本文です

「どうすれば選ばれるのか…」31歳でW杯初選出の槙野智章は2度の“落選”で何を学んだのか?

5/31(木) 21:31配信

SOCCER DIGEST Web

「サッカーは年齢ではない」

 ワールドカップの日本代表メンバーに選ばれた浦和レッズの槙野智章と遠藤航が5月31日、埼玉スタジアムで記者会見を行なった。そのなかで「30代」という年齢について聞かれた槙野は、「サッカーは年齢ではない。年を重ねるごとにサッカーが好きになっている」と強調した。

【日本代表PHOTO】ロシアW杯本大会に臨む登録メンバー23人

 31歳にしてのワールドカップ日本代表への初選出。2010年、14年と代表に選ばれながら落選してきたが、「この8年間苦しい時間を過ごしてきた。どうすれば最後の最後に自分の名前が呼ばれるのか、すごく自分を責め、どうすれば周りの選手に勝てるのか、日の丸を背負って世界の舞台で戦えるのか、そのことを念頭に置いて時間を割いて毎日努力してきました」と明かした。

 そして槙野は次のように熱く語った。

「サッカーは年齢ではない。そう思っています。三浦知良選手が現役で、なぜあそこまでできているのかというと、僕もそうですけれど、一つひとつ年を重ねて、まだまだサッカーを上手くなりたいと思っているし、年を重ねるごとにサッカーが好きになっていっています。年齢で運動量が落ちたとか、技術が落ちたとか、ハートが落ちたと言われるのが一番情けないというか、嫌なこと。だから30歳になってからが勝負だと思ってきました」

 周りの選手がいるからこそ、自分も成長できている。そう実感してきたという。
 
「一番脂に乗ったいい歳だと思っています。逆に若い選手から刺激をもらいながら前へ進めている。今、代表選手の立場ですが、若い選手や上手い選手からたくさん刺激をもらい、自分のことをしっかり理解したうえで、練習を重ねてきました」

 そして槙野は自身のことを客観的に見つめながら、日々、取り組んできたという。

「自分のことを天才肌だとは思っていません。だから天才肌の選手に勝るには、何倍も何十倍も努力しないと勝てないし、いっぱい練習をしないといけない。いっぱいサッカーのことを考えないといけない。そういう天才肌の選手たちと天秤にかけたときに、自分は何が勝るのか、自己分析ができているからだと感じています」
 

1/2ページ

最終更新:5/31(木) 23:06
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事