ここから本文です

槙野智章がガーナ戦で勝ちたかった理由。完封負けも掴んだ手応え「ひとつの収穫」

5/31(木) 1:16配信

フットボールチャンネル

【日本 0-2 ガーナ キリンチャレンジカップ】

 日本代表は30日、キリンチャレンジカップでガーナ代表と対戦し0-2で敗れた。

90分の悲痛な叫び…! ハリルホジッチ前日本代表監督が心境を吐露【記者会見ノーカット】

 3バックの左ストッパーでフル出場をした槙野智章は、「ワールドカップ前の国内最終戦ということもありましたので、ここ最近のネガティブな雰囲気や結果を払拭するために何としても勝ちたかった」と振り返る。

 合宿から[3-4-2-1]にトライしてきた西野ジャパン。ガーナ戦は敗れたが、実戦を経て収穫や修正点を持ち帰ることもできただろう。

「前半と後半で少しアグレッシブにボールを奪いに行くシフトにチェンジした。より後半は後ろをマンツーマン気味にワイドの選手たちを押し込むことができたという意味では、かなりいい守備からいい攻撃というのは出せたと思います。ただ、それを本大会でレベルの高い相手にやるのか、もう少しチーム全体で共通意識をもつプランというのは大事になってくると思います」

 さらに、手応えについてこう語る。

「流れのなかであまりやられなかったというのと、ガーナ相手に、力のあるチームではありますけど、この短い時間のなかでよく、いいスライドのなかで守れた。そういう自信は吉田選手、長谷部選手と試合後に話して、手応えをつかんだところだと思っています」

 この日の失点は直接FKとPK。つまり、流れの中では危ないシーンをほとんど作らせなかった。その点についても槙野は「ひとつの収穫」と胸を張った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)