ここから本文です

【U-21】トゥーロン2戦目は一世代下のポルトガルに劇的勝利!日本は決勝T進出に前進!

6/1(金) 2:33配信

SOCCER DIGEST Web

途中出場の大学生FW上田綺世が同点弾&逆転弾!!

【トゥーロン国際大会・グループステージ2節】U-21日本代表 3-2 U-19ポルトガル代表/5月31日/トゥーロン 

【U-21日本代表PHOTO】トゥーロン国際大会2018招集メンバー20人

 5月31日(日本時間6月1日)、U-21日本代表がトゥーロン国際大会のグループリーグ・2節のU-19ポルトガル戦(40分ハーフ)に臨んだ。
 
 日本は逆転負けを喫した初戦のトルコ戦からスタメンを4名変更。松本泰志(広島)、菅大輝(札幌)、橋岡大樹(浦和)、田川享介(鳥栖)が今大会初先発となった。
 
 3‐4‐2‐1のシステムで臨んだ日本だったが、トルコ戦から一転して序盤から押し込まれる展開に。開始から相手の3トップを最終ラインが捕まえ切れず、自陣で耐える時間が続いた。

 前半9分には左サイドを崩され、ジョアン・フィリペにテクニカルなループシュートを放たれるが、冨安健洋(シントトロイデン)がファインプレー。無人のゴールに飛んでいったボールに対し、オーバーヘッドでスーパークリアをして見せた。
 
 ピンチを凌いだ後も相手の猛攻を跳ね返していた日本だったが、32分に隙を突かれる。ゴール前でジョゼ・ゴメスに決定的なシュートを放たれ、こぼれ球をルイス・シウバに押し込まれてしまった。
 
 しかし、日本は即座に反撃。36分、三好康児(札幌)のスルーパスに田川が反応すると、巧みなファーストタッチから相手GKの股を抜く鮮やかな同点弾を沈めた。
 
 1-1で前半を折り返した日本は後半開始に菅から遠藤渓太(横浜)にスイッチし、右ウイングバックへ配置。右サイドにいた初瀬亮(G大阪)を左ウイングバックに回し、試合の流れを変えに掛かる。

 しかし、後半もポルトガルに攻め込まれ、我慢の時間が続く。日本は14分に森島司(広島)を下げて三苫薫(筑波大)を投入。選手交代で局面を打開しようと試みたが、アタッキングサードまで思い通りにボールを運べない。

 すると、30分にGK山口瑠伊(エストレマドゥーラ)がペナルティエリア外で手を使い、一発退場となってしまう。この緊急事態に日本は三好に代えてGKオビ・パウエルオビンナ(流通経済大)を投入したが、この間接FKから逆転ゴールを許してしまった。

 だが、数的不利となった日本はここから驚異的な粘りを見せる。38分に途中出場の上田綺世(法政大)が値千金の同点弾をゲット。このゴールで息を吹き返した日本は3点目を勇猛果敢に狙いにいくと、後半アディショナルタイムに再び上田が躍動する。ペナルティーエリアで倒されて獲得したPKを自ら決め、日本は劇的な形で勝点3を手に入れた。

 大会初勝利を奪った日本は、グループステージ1位もしくは各組2位の最上位に与えられる決勝トーナメント進出へ前進。最終戦では6月3日の15時(日本時間22時)からカナダと対戦する。

最終更新:6/1(金) 7:13
SOCCER DIGEST Web