ここから本文です

日本のW杯対戦国セネガルが格下に失意の0-0 浮かび上がった”マネ依存症”の問題

6/1(金) 14:30配信

Football ZONE web

セネガルは格下ルクセンブルクにスコアレスドロー、絶対的FWマネ不在が痛手に

 ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本と対戦するセネガル代表は、5月31日の国際親善試合ルクセンブルク戦で0-0とスコアレスドローに終わった。FIFAランキング28位のセネガルにとって、83位と格下ルクセンブルクのゴールをこじ開けることができず、2週間後に迫るロシアW杯に向けて不安材料を残した。

【動画&写真】「うぬぼれ」「ファン激怒」と海外で波紋 リバプールFWが見せた、余裕の「ノールックシュート」の瞬間

 セネガルはナポリDFカリドゥ・クリバリ、トリノFWエンバイ・ニアング、モナコFWケイタ・バルデら欧州5大リーグで活躍する主力たちをピッチに送りこんだ。その一方、絶対的ストライカーとして君臨するリバプールFWサディオ・マネはベンチ外となった。

 マネは5月26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリード戦(1-3)に先発フル出場。大一番でレアルから1ゴールを奪う活躍を見せたが惜しくも敗れた。疲労なども考慮され、ルクセンブルク戦での起用は見送られている。

 試合はセネガルが主導権を握るも、最後までネットを揺らせずに終わった。英紙「デイリー・メール」では、「サディオ・マネは不甲斐ないチーム同士の戦いに苛立ちを覚えることになった」と見出しを打って紹介し、アイルランド紙「アイリッシュ・タイムズ」でも「セネガルはトップフォームで臨むマネが不可欠」と、マネに依存するチーム状況に警鐘を鳴らしていた。

 日本とセネガルはロシアW杯のグループHで同居。24日に行われるグループリーグ第2戦で顔を合わせる。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/1(金) 18:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新