ここから本文です

満島ひかり 舞台降板!独立で心配されていたワガママ放題体制

6/2(土) 21:02配信

女性自身

女優の満島ひかり(32)が今年11月から出演予定だった主演舞台を降板したと、一部スポーツ紙が報じた。

記事によると、舞台は宮藤官九郎(47)が脚本・演出を手がける英作家シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」。12月まで東京・本多劇場などで上演し、満島はジュリエット役で出演する予定だったという。

同舞台は満島が「ジュリエットを演じたい」と宮藤に持ち込んだ企画で、思い入れが強いはずだったという。しかし「体調不良」「スケジュールの都合」「最後までやり遂げる自信がない」と理由をあげ、降板してしまったというのだ。

「もともと満島さんは自分の考えを曲げず、言いたいことをズバズバ言うタイプ。宮藤さんとのやりとりで気に入らないことがあったのかもしれませんが、ここにきて『自信がないから出ない』というのはあまりにも大人げない行動です」(演劇関係者)

演技派としてもてはやされている満島だが、今年3月に所属事務所を退社。現在はフリーで活動している。そのことにより、“ブレーキ”が利かなくなってしまったようだ。

「いま周りにいるスタッフは、満島さんの“イエスマン”ばかり。ワガママ放題の彼女を止められなる人がいません。そんな状態を危惧する関係者も多かったのですが、ついに降板劇に発展。今後、仕事に多大なる悪影響を与えそうです」(同前)

満島が舞台降板の理由についてどう説明するかが注目される。

最終更新:6/4(月) 15:29
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2833号・8月21日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

華原朋美 初めて語るSNS閉鎖騒動の真相
津川雅彦さん 長女結婚に反対も許した理由
前田敦子 お腹ぽっこり!授かり婚報道も…