ここから本文です

コロンビア番記者「日本は準備不足だ。ニシノ? 知られていないね」

6/3(日) 17:20配信

webスポルティーバ

 3月のインターナショナルマッチウィーク、コロンビアはパリで行なわれたフランス戦に3-2と勝利し、ロンドンで行なわれたオーストラリア戦は0-0で引き分けた。コロンビアの首都ボゴタ在住で、欧州まで取材にきていたサッカージャーナリストのカール・ワーズウィック氏は、こんな印象を持ったという。

【写真】西野ジャパン、見るに堪えない壮行試合の「かすかな光」とは?

「コロンビアが4年前ほどいい状態にないことは確かだが、フランス戦の後半はすばらしかった。2点のビハインドを跳ね返して勝利を収めたことは、失いかけていた自信や信念を取り戻すきっかけになるかもしれない。なにしろ、コロンビアは南米予選のラスト4試合でひとつも勝利がなかったからね。

 もちろん、テストマッチの勝利にそれほど意味がないことは承知しているが、本大会3カ月前に優勝候補の一角であるフランスに勝利した意味は大きい。手薄な中盤でマテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)が好パフォーマンスを見せたことも前向きな要素だし、4年前、ラダメル・ファルカオ(モナコ)のケガにかなり頭を悩ませたことを思えば、現時点で主力にケガ人がひとりもいないことは特筆すべきことだといえる」

 一方、ベルギーで行なわれた日本対マリ(1-1)も現場で取材したというワーズウィック氏は、日本の戦いぶりについても触れた。

「テストマッチは新しいアイデアや選手を試す場とはいえ、日本の戦いぶりが物足りなかったのは否定できない。後半は何度か前線でのいい動きも見られたが、全体としては攻撃の迫力を欠いており、ラストパスはもれなく的外れだった。

 ゴールを決めた途中出場の中島翔哉が日本ではかなり評価されたようだが、日本が同点に追いつけたのは、マリのGKとDFに明らかに混乱があったから。アフリカ最終予選でグループ最下位に終わった相手との対戦だったことを考えても、あまりに低調な出来だったと言わざるを得ない」

 4年前にブラジル・クイアバで行なわれたW杯の日本対コロンビア戦も取材しているワーズウィック氏は、「日本の成長を見ることはできなかった」と断じた。

 では、コロンビア国内では、日本についてどう報道されているのか。

「報道されたことといえば、W杯2カ月前にハリルホジッチが解任されたことくらいだ。コロンビアで新監督のニシノ(西野朗)はほとんど知られていない。ハリルホジッチは、ピークを迎えてすでに5年以上が経過する本田圭佑や香川真司から、若手にシフトさせようと思ったのだろうが、その判断がロッカールームに悪影響をもたらしたのではないか。

 ハリルホジッチのやり方に問題があったかどうかはわからないが、いずれにしろ問題が深刻化した背景には、本田や香川らに替わるタレントの実力不足があったのではないだろうか。マリ、ウクライナ、ハイチと、いずれもW杯出場を逃した国々に勝てなかったことを考えても、日本はW杯の準備がまったく整ってないと見られている」

 さらにハリルジホジッチの解任について、ワーズウィック氏は続ける。

「解任の理由については、JFA(日本サッカー協会)からも正確には語られていないようだが、このタイミングでの解任には違和感があるし、奇妙に映る。解任するにしても、もっと早いタイミングはあっただろうし、後任のニシノにももっと時間が必要だったはずだ。ニシノは代表選手のことをよく知っていて、日本では尊敬を集めているようだが、現場ではここしばらく何の成果も挙げていない。そのうえ親善試合を数試合こなしただけでコロンビア戦を迎えなければならないのは、どう考えても理想とはほど遠いだろう」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック