ここから本文です

手で淹れたようなコーヒーを初心者でも簡単に味わえる電源不要のマシン『coffee職人 ZOOM』

6/3(日) 11:11配信

@DIME

カフェでいただく手淹れのコーヒーには、市販のコーヒーでは再現しがたい風味と味わいがある。こうした「手淹れのようなコーヒー」を自宅で簡単に味わえる製品『coffee職人 ZOOM』が、国内クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で発売開始した。

【写真】手で淹れたようなコーヒーを初心者でも簡単に味わえる電源不要のマシン『coffee職人 ZOOM』

『coffee職人 ZOOM』誕生のきっかけ

市販のコーヒーを飲む場合にくらべて、手作業でコーヒーを淹れるためには多くの知識を身につけなければいけない。たとえば「水の注入の安定性」「温度の制御」「水とコーヒーの割合」「抽出時間」など。さらにコーヒー器具の種類も数多い。初めて新しい器具を使う時は、熟練のコーヒーソムリエでさえ練習が必要だ。

自分で美味しいコーヒーを淹れて飲みたいと思った人は、こうした工程の多さ、器具の複雑さの前に、一度はこう考えたことがあるのではないだろうか。
「美味しいコーヒーを飲みたいだけなのに、なんでこんなに面倒なの?」

…そんな悩みを解決に導くため、今回ご紹介する本製品は開発されたのである。

『coffee職人 ZOOM』が生み出すコーヒーの美味しさの秘密

コーヒーを手作業で淹れる際、風味に影響を与えるのは「安定した水流」「水の注入範囲」「水温」「水とコーヒーの比」そして「抽出時間」だ。またコーヒーの風味に関しては、誰もが一定の好みを持っている。つまり、これらの変数データを記録し、構造設計を通して再現すれば、誰もが簡単に自分好みの美味しいコーヒーを飲むことができるのだ。

本製品はこれらの変数データをもとに、計算アプリケーションでの設計を通じて開発された。そのためコーヒーを淹れる練習がいらず、また数多くのコーヒー器具を準備しなくても簡単に黄金比率のコーヒーを淹れられるというわけである。

『coffee職人 ZOOM』7つの特徴

特徴1.すべての基本的な機器を内蔵したオール・イン・ワン構造&半自動システム
本製品はウォーターボトル、フィルターカップ、メタルフィルター、温度計、スタンド、ダブルグラスコーヒーカップなど、すべての基本的な機器を内蔵。コーヒーとお湯さえあれば、すぐにでも美味しいコーヒーを淹れることができる。

また半自動なので、初心者でも簡単に淹れられるのもうれしいところ。
「必要な水量」「水温」「コーヒーの量」「水とコーヒーの比率」を計算し可視化するため、最適な温度・水量でコーヒーを淹れられる。ユーザーのフローはとても簡単。
【1】350ccのお湯を入れる【2】20~22gのコーヒーを淹れる【3】ボタンを回す
この3つのステップで美味しいコーヒーを淹れることができる。

特徴2.適温のコーヒーを淹れるのに役立つ温度計
本体最上部に温度計がついているので、別途準備する必要はナシ。適温で美味しいコーヒーを淹れられる。

特徴3.2段階で切替可能な水穴構造
本製品の抽出構造については、自宅のシャワーヘッドを思い出してもらうとイメージしやすいかもしれない。ボタンを切り替えることで水柱のサイズを素早く変更でき、水量も自由に調整可能。手作業で淹れるコーヒーのような、水滴の落ちる速度・水量のコントロールを再現している。

特徴4.圧倒的な機能性
操作の簡易さ、持ち運びの便利さ、手入れのしやすさなど、コーヒーを淹れるプロセスや関連する項目において、他器具より高い効率性・機能性をキープ。

特徴5.電源不要
本製品については電源も必要ナシ。持運びが便利なうえ、どんな場所でも使用できる。

特徴6.シンプルでお洒落なデザイン
機能性はもちろん、そのルックスもスタイリッシュで魅力的。使わない時は部屋の装飾品に早変わりする。

特徴7.リーズナブルな価格
手動コーヒー器具の平均総価格が15,000円~25,000円ほどであるのに比べ、本製品は定価10,980円と非常にリーズナブル。手が届きやすい価格設定も魅力だ。

ルックスと機能性、共に申し分ない本製品。あなたのコーヒーライフをより充実したものに変えてくれることは間違いない。

構成/編集部

@DIME編集部

最終更新:6/3(日) 11:11
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年11月号
9月15日発売

定価700円

特別付録 コーヒーカップスリーブ
スマホの強化書2019
秋の家電新製品評価テスト
こだわりのコーヒー学