ここから本文です

レアルの英雄ラウール、ジダンの後任候補に浮上 現地紙注目「重要な中期的な後継者」

6/3(日) 19:10配信

Football ZONE web

トットナムのポチェッティーノ監督が有力視されるなか、ラウール氏が大穴として登場

 レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇の偉業を成し遂げたジネディーヌ・ジダン監督が電撃辞任。後任探しが急務となるなか、クラブのレジェンドである元スペイン代表FWラウール・ゴンザレス氏を急きょ招聘する可能性が浮上した。スペイン紙「AS」が報じている。

【動画】「すべてはここから始まった」 レアルのレジェンドFWラウールが17歳で決めたリーガ初ゴール

 ジダン監督の後釜に浮上したのは、レアル在籍16年でリーグ戦通算228ゴールを挙げた至宝だった。記事では、「レアルには次なるジダンがすでにいる。フランス人監督の即時代役には見えないが、ベルナベウのレジェンドは重要な中期的な後継者となる。その男はラウールとして知られている」と記している。

 現在、コーチングライセンスAの取得に向けて奮闘中のラウール氏。現役時代に“銀河系軍団”と呼ばれたチームのエースとして活躍したカリスマ性を、そのままベンチに持ち込む「ジダン方式」は、すでにレアルで確立されているとも分析されている。

 トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が有力候補と報じられるなか、“大穴”のラウール氏がレアルの次期指揮官として降臨するのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/3(日) 21:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)