ここから本文です

【だるい・むくむ・痩せにくい】それって全部「下がり腸」のせい!? [VOCE]

6/4(月) 11:34配信

講談社 JOSEISHI.NET

食物繊維も乳酸菌もとり、生活習慣も見直して、便を出す準備は整っているのに、お通じがイマイチ……。そんな人は、腸がだら~んと下がっているのかも。腸のポジションも美腸に欠かせない要素だった!

腸の位置を上げないと便も老廃物も腸にたまったまま

垂れるのは顔やバストだけじゃない。腸も垂れ下がるという事実が判明!
「腸は全長7~8mもあるのに、ブランコのように両端しか固定されていません。便がたまればその重みで腸の位置が下がり、さらに便秘がひどくなり、腸内環境が悪化します。いくら食生活を見直しても“下がり腸”をケアしないと、腸の中には便とともに老廃物が蓄積する一方。腸を正しい位置に引き上げれば、便が押し出され、美腸に生まれ変わります」(小野咲さん)

これが恐怖の下がり腸だ!

食事を替えても、お通じがよくならなかったり、肌荒れが治らないなら、腸がだら~んと垂れた“下がり腸”かも!? バストやお尻が垂れるとカッコ悪いけど、腸が垂れれば“汚腸”になる!

【下がり腸】便の重みで垂れ下がる
腸はほかの臓器のように骨に囲まれておらず、両端しか固定されていない。便の重みや筋力不足で垂れ下がると便通が悪くなるうえ、腸と一緒に周囲の臓器やおなかのぜい肉まで下がることに。

【美腸】便が途中で滞らない
全長7~8mの腸が狭いおなかに「非常用消火ホース」のように押し込まれている。腸が正しいポジションに固定され、おなかにキレイにおさまっていれば、便はスムーズに移動して、お通じは快腸に!

下がり腸チェック

見えない腸のポジションを確認する方法は、おへその形を見るのが一番。ヤセていれば縦長のおへそだと思ったら大間違い。ぜい肉が少なくても下がり腸だとおへそは横長に。

1◆おへその形チェック

鏡の前に立ち、両手を下げて、おへその形をチェック。そのときのおへその形で腸の下がり具合は一目瞭然。定期的にチェックして確認しよう。

(右) お見事Iラインの人は……【美腸】
おへその形が縦長のIラインの場合は、腸が下がっていない可能性が高い美腸の持ち主。おなかが出ていても、多くの子どもはこの形。

(中) 富士山おへその人は……【やや下がり腸】
縦長と横長の間、ちょうど富士山の形のようなおへそのラインなら、下がり腸へと変化する途中。便秘がひどくなる前に今すぐ腸上げ!

(左) ーラインの人は……【ダダ下がり腸】
おへそのラインが横長で「ー」のように見えたら、下がり腸のサイン。便秘も肌荒れも、腸が上がって元の位置に戻れば、解決するはず!

1/2ページ