ここから本文です

眞子さま、ご成婚へ最後の手段!? 「一時金」辞退を

6/5(火) 11:00配信

週刊女性PRIME

 秋篠宮ご夫妻も、小室さん親子に対して、不安を感じていらっしゃるそうだ。

「結婚延期の原因とみられる圭さんの母親・佳代さん(51)が抱える400万円超の借金が公になったあと、“借金を皇室でサポートしてくれないか”という佳代さんからの申し出に、紀子さま(51)は大変驚かれたのです」(秋篠宮家関係者)

 一方で、父である秋篠宮さま(52)は、小室家に対する信頼は揺らいだものの、眞子さまの意思を尊重されるスタンスだと言われている。

「借金トラブルの記事が出て間もないころ、圭さんが“この件はまったく知らなかった”と弁明しました。しかし、大学の授業料や留学費用などもこの借金から捻出されていたのに知らないことはありえず、秋篠宮さまの中に圭さんへの疑念が生まれたそうです。

 ただ、眞子さまの意思を尊重する方針とのことで、現在は小室家に関する報道のほとぼりが冷めるのを待ち、最終的には結婚させる姿勢だと聞いています」(同・秋篠宮家関係者)

 秋篠宮家が結婚の道筋を立てているとしても、国民は黙っていられないだろう。

 インターネット上では、再来年まで圭さんにかかる“税金”についての批判が巻き起こっていると話すのは、ITジャーナリストの坂本翔さん。

「現在もネット上では、小室さんの自宅前に24時間態勢で警備する警察官、圭さんが外出する際に警護するSP、さらには結婚時に支払われる1億数千万円にのぼる一時金に対する批判の声が、かなり多い状況に見えます。

 これらはすべて税金でまかなわれており、一時金を圭さんの母親・佳代さんが抱えている借金の返済に充てられるのではという疑念もぬぐえないからでしょう」

 一部では圭さんにかかる警備費用だけで月に数百万円とされ、再来年の結婚までに1億円以上の税金が注ぎ込まれることから、国民の理解は得られづらいというのだ。

「結婚延期の決定後に囁かれていた“破談”も、現実的には難しいでしょう。

 あくまで可能性の話ですが、おふたりが破局を迎えたあと、小室家サイドから眞子さまや皇室に関わる情報が、第三者に漏れることが100%ないとは言い切れないからです」(皇室ジャーナリスト)

 結婚とも破談とも決定しづらい案件なだけに、悩ましい状況が続いているようだ。

2/3ページ

最終更新:6/5(火) 15:51
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/3号

特別定価410円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。