ここから本文です

「香川は必要不可欠」「16強進出を信じている」 W杯で日本に“希望あり”と海外言及

6/6(水) 11:50配信

Football ZONE web

アイルランドメディアが日本代表を特集 香川に「チームの創造性がかかっている」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が目前に迫っている。各国メディアによる参加国の戦力紹介や分析が活発に行われているなかで、アイルランド公共放送「RTE」も日本代表について特集を組んだ。

【動画】「面白すぎ」「PVみたい」と大反響! “DJ槙野”を筆頭に、本田ら日本代表戦士8人の大合唱

 バヒド・ハリルホジッチ前監督の電撃解任や西野朗監督の招聘というここ数カ月間の激動ぶりが紹介されている。そのなかでも特筆されているのは、日本でも注目されたベテラン陣の扱いだ。

 パチューカFW本田圭佑、ドルトムントMF香川真司、レスターFW岡崎慎司は前体制で一時代表から外れていたことが紹介されている。また、彼らを招集外としたハリル前監督の取り組みについては「よりダイレクトでアグレッシブなサッカーなスタイルを目指したが、多くの批判を引き起こした」と記された。

 そして、日本は開幕約2カ月前に監督交代を決断。西野監督が就任すると、W杯メンバーには本田、香川、岡崎の3選手も名を連ねた。記事では、そのなかでも香川について「日本の希望にとって特に必要不可欠な存在」と香川の重要性を指摘している。

「日本はポーランドとセネガルを恐れることはない」

「元マンチェスター・ユナイテッドのMFは今季不調だったドルトムントで今でも好印象を残している。いくつかの負傷があったが、ニシノ監督のチームのクリエイティビティーは彼の肩にかかっている」

 マンチェスター・ユナイテッドでプレーしたということもあって、英国圏での知名度は抜群なだけに香川に期待する声は大きいようだ。サウサンプトンでプレーするDF吉田麻也に関しても、「ブルー・サムライで重要な役割を担うだろう」とされ、攻守のキーマンの名前が挙がった。

 チームとしての展望については、日本がグループHに入ったことは「最悪のドローではなかった」とされている。「コロンビアが最有力」との評価ではあるが、その一方で「日本はポーランドとセネガルを恐れることはないだろう。彼らは16強に進むことができると信じているはずだ」と、決勝トーナメント進出の可能性があると言及された。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/6(水) 17:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新