ここから本文です

「ホンダの代わりはオカザキ!」なんとメキシコ紙が岡崎慎司のパチューカ行きを伝える!

6/7(木) 5:37配信

SOCCER DIGEST Web

テコ入れが必要な前線の有力候補に浮上

 明日金曜日、スイスとのテストマッチを控える日本代表に衝撃が走った、かもしれない。
 
 6月6日にメキシコの全国紙『El Sol de Tulancingo』が報じたのは、「オカザキがパチューカに到着するかもしれない」との見出しが打たれた記事だ。パチューカの新シーズンに向けた補強戦略において、日本代表FW岡崎慎司に白羽の矢が立っているという。「高い確率でやって来そうなのが、アジア人のシンジ・オカザキだ。彼は現在レスター・シティでプレーしている」と記し、前線のテコ入れが不可欠なパチューカの重要な獲得候補だと主張。クルス・アスルのFWフェリペ・モラ、アトラスのFWブライアン・ガルニカとともに、リストの上位に名を連ねているというのだ。

【画像】イニエスタの愛妻も!「美人すぎる」ロシアW杯ビッグスターの妻&恋人たち

 
 同紙は1週間前にも「ホンダの代わりはオカザキだ!」と銘打ち、6月末でパチューカとの1年契約が満了となり、退団が濃厚な本田圭佑の後釜に岡崎が据わると断じていた。ただそこでも岡崎のキャリアを手短に紹介したのみで、具体的なオファーの内容やレスター側の反応などについてはいっさい触れていない。このニュースを報じているのもこの媒体のみである。ちなみに岡崎とレスターの現行契約は2019年6月までで、スペインのクラブなどが移籍先候補に挙がっている。
 
 はたして急転直下の展開はあるのか。それとも、突拍子もないガセネタなのか。だが火のないところに煙は立たないわけで……。今後の動向を注視したい。

最終更新:6/7(木) 11:11
SOCCER DIGEST Web