ここから本文です

日本代表の“10番”香川真司をスイス紙が警戒 「ビッグスター」「ドルトムントの疾風」

6/8(金) 12:34配信

Football ZONE web

西野ジャパンの“ブンデスリーガ勢”に注目 「過小評価は禁物」

 日本代表は現地時間8日に、ルガーノでスイス代表と親善試合を行う。ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた重要な一戦を前に、スイスメディアは日本代表のブンデスリーガ勢に注目し、「ビッグスターはカガワだ」と報じている。

【写真】「日本の女子校生風スカート姿」と反響! 来日のW杯ロシア美女アンバサダー、“白いブラウス&ショートスカート”公開

「実験の相手はブンデスリーガのスター満載だ。日本の“ドイツ人たち”を警戒せよ」と特集したのは、スイス紙「ブリック」だった。

 ドイツの隣国で、ブンデスリーガにも多くのタレントを送り込んでいるスイス。地元メディアは親善試合の相手である日本の、ドイツで躍動する選手の実力を高く評価していた。

「日本代表は絶対に過小評価されるべきではない」と警戒したうえで、「ビッグスターはシンジ・カガワ」「ドルトムントの疾風」と、ドルトムントMF香川真司を称賛していた。

 香川は足首の負傷により、今季後半戦に長期離脱。一時はW杯メンバー選出も危ぶまれたが、能力と実績では日本代表のなかで断トツと言える存在。スイスメディアも、それを認めている。

長友と岡崎の名前も登場、本田は…

 記事ではフランクフルトのMF長谷部誠、ケルンからブレーメンへ移籍したFW大迫勇也、ハンブルガーSVのDF酒井高徳、デュッセルドルフのFW原口元気とFW宇佐美貴史、マインツのFW武藤嘉紀というドイツ勢とともに、ガラタサライのDF長友佑都と、「レスターの達人的英雄」としてFW岡崎慎司の名前も紹介された。

 その一方で、香川と中盤でポジションを争うパチューカFW本田圭佑の名前は登場せず。ドイツ強豪で躍動する日本代表の10番「Shinji Kagawa」の、スイスでの圧倒的な知名度の高さが浮き彫りになった。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/8(金) 17:25
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新