ここから本文です

長友佑都の完全移籍にライバルが横槍? インテルが移籍金引き上げ狙う可能性も

6/8(金) 19:09配信

フットボールチャンネル

 日本代表としてロシアワールドカップに向けて準備中のDF長友佑都だが、イタリアでは移籍に関する動きが続いている。『FCインテルニュース』が伝えた。

【動画】長友佑都が世界レベルで通用する理由

 長友は今年1月、出場機会を求めてインテルからトルコのガラタサライにレンタルで移籍すると、レギュラーポジションをつかみ、タイトル獲得に貢献。ガラタサライは現在、長友の完全移籍を望んでいる。

 ガラタサライの副会長はミラノを訪れ、インテルとの交渉に入った。しかし、記事によると、両者はまだ合意に達していない。

 すると、ここにきてガラタサライのライバルクラブであるフェネルバフチェが長友の獲得に動き出したと、トルコ『Fotomac』が報じた。

 新しい取引相手が現れたことで、インテルは長友の移籍金を引き上げる可能性があるかもしれない。長友の将来は近いうちに決まるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事