ここから本文です

「この日本戦はあまりにもイージー」スイス紙が母国代表を絶賛する一方で西野ジャパンを…

6/9(土) 8:39配信

SOCCER DIGEST Web

吉田が与えたPKは「おそらく主審のミスジャッジ」

 スイス代表にとっては実り多きファイナルテストとなったようだ。
 
 6月8日にルガーノで行なわれた日本戦で2-0の快勝を収め、スイス・メディアは攻守両面でサムライブルーを凌駕した母国代表チームを軒並み称えた。全国紙『Tagblatt』は「テストモードは日本戦の勝利のよって完璧な仕上げを見せた」と題し、以下のようなゲームサマリーを綴っている。
 
「ルガーノで行なわれた日本戦で、スイスは危なげなく勝利を収めた。ワールドカップ前の最後のテストマッチであり、ホームサポーターは笑顔で彼らをロシアに送り出すことができたのだ。前半42分にブレール・エムボロが得たPKをリカルド・ロドリゲスが難なく決めて先制したが、あれはおそらくPKではなく、主審のミスジャッジだった。ラッキーな面はあったもののスイスがゲームを仕切っていたのは疑いがなく、なかなかチャンスは掴めなかったものの、失点の危険もほぼ訪れなかった。終盤にハリス・セフィロビッチがチームプレーから追加点を挙げて、勝利を手繰り寄せたのだ」

【画像】この夏ロシアに集結する、世界の「美女サポーター」たちを総チェック!

 
 大所帯の日本メディアに驚いたのか、こんな描写もしている。
 
「150人はいるだろう日本人ジャーナリストがあらゆるところで日本代表プレーヤーを追いかけ、記者会見でもアキラ・ニシノ(西野朗)監督に山ほどの質問を浴びせた。そのため(スイスの)ウラジミール・ペトコビッチ監督はずいぶん待たされることになったのだ。指揮官は『我々は実にソリッドな戦いを見せた。どんな試合でも失点をゼロに抑えるのは重要で、誰ひとり怪我人を出さなかったことも喜ばしい』と試合を振り返った」
 
 スイスは今年に入って4つのテストマッチを消化し、3勝1分けの負けなし。ギリシャに1-0、パナマに6-0、スペインに1-1、そして日本に2-0という内訳だ。最後に『Tagblatt』紙は、この結果に浮かれることなく気を引き締めよと諭すのだ。
 
「4つのフレンドリーマッチはいずれも素晴らしい出来で、チームの状態の良さを確認できた。だが、(スイス代表は)忘れてはいけない。7月15日(ワールドカップ決勝)まで、このようなゲームはひとつも存在しないのだということを。日本戦はあまりにもイージーだった」
 
 スイスはグループEでブラジル、セルビア、コスタリカと対戦。6月17日のワールドカップ初戦で、いきなりセレソンと雌雄を決する。




 

最終更新:6/10(日) 8:30
SOCCER DIGEST Web