ここから本文です

歯周病、インプラント、歯並び、口臭をどうする? ミドルエイジの歯のお悩みQ&A

6/10(日) 9:00配信

週刊女性PRIME

 40代からのお悩みは若いころのそれとは違うもの。週刊女性に寄せられたミドル世代特有の歯のトラブルに、歯科医の若林健史先生、矯正歯科医の坂本紗有見先生、歯科医の遠山敏成先生が一挙お答え!

◎虫歯がないのに、歯ぐきが下がってグラグラしている歯があります。このまま抜けちゃうの?
(47歳 パート主婦)

「いずれその歯は抜けてしまうかもしれません。歯ぐきが下がっているなら、歯周病菌によって土台の骨が溶けている可能性も。虫歯が少ない人ほど歯周病になりやすい傾向があり、気がつかないうちに進行します。

 歯の根の周りの骨が溶けていたら抜歯をして、義歯を入れることになるおそれがありますが、早く治療すれば歯を失わずにすむかもしれません。すぐに受診を!」(若林先生)

「人間は自分の体重と同じくらいの力でかむといわれています。かみ合わせが悪く、かんだときの力のバランスが悪いと、集中して力がかかる歯ができ、グラつきが出ます。

 砂山に棒が刺さっている状態を想像してください。その棒に上から力が加わると棒はグリグリと押されて、その周囲に空間ができますよね。歯も同じです。強い力が加わると歯と歯ぐきの間に隙間ができて、そこに歯垢や歯石がたまり歯周病になります。

 咬合の悪さを放置しておくと歯周病が悪化するので、かむ力が分散されるようにかみ合わせを調整することも大切です」

 と遠山先生。寝ている間のかみしめがひどいときは、マウスピースの使用をすすめる。

「朝起きて、歯が痛かったり、あごが疲れていたらかみしめをしているサインです。通常、人間は大きな力でかむと、パッと口が開くようにできています。アサリを食べて砂をかむと、反射的に口が開きますよね。

 その機能が寝ている間は働かないので、強く歯をくいしばってしまうのです。歯周病とかみ合わせのチェックをしましょう。また、かみしめはストレスなども原因になるので、メンタルケアもしっかりと」(遠山先生)

◎歯をみがいてるのに、口から生ゴミのニオイがすると娘からきびし~い指摘。これってどういうこと?
(49歳 会社員)

「口臭は、口の中の腐敗した食べカスや歯周病菌が出す毒素が原因。口臭がひどい人は歯周病の可能性が高いです。歯の表面のヌルヌルした歯垢は、誰でもにおうものなので、しっかり歯みがきをするなど毎日のケアを忘れずに」(若林先生)

「口の中は代謝を行うところなので、無臭ではありませんが、ひどい場合には歯周病や副鼻腔炎、内臓の病気が考えられます。

 副鼻腔炎は、歯のX線を撮ると、鼻に膿がたまっている場合もあります。また反対に、鼻が悪いと思って耳鼻科へかかったら、歯の根っこが炎症を起こして膿がたまっていたということも。歯と鼻は近いので、専門医に診てもらって原因究明を」(遠山先生)

1/4ページ

最終更新:6/10(日) 9:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/2号

特別定価410円(税込)