ここから本文です

2018最高の日焼け止めは!?【UV基礎知識】 [ViVi]

6/11(月) 17:31配信

講談社 JOSEISHI.NET

老化の原因の紫外線は、5月頃からピークに…。でも、いざ日焼け止めを買おうとすると、種類が多すぎて選べない! そんなあなたに「〇〇したい」別に、オススメの最新日焼け止めを紹介!

【絶対焼かない2018!日焼け止め用語を学ぼう!】

・SPFとは?
UV-Bによって起こる肌が赤くなる現象=サンバーンを、どれくらい遅らせられるかを測定して数値化したもの。SPF50+が最高値。

・PAとは?
UV-Aによって肌が黒くなる現象=サンタンを、どれだけ遅らせられるかを表したもの。+が多いほどカット力が高く最高値は++++。

・紫外線吸収剤とは?
肌に入ってきた紫外線を化学反応でゼロにするもの。紫外線カット効果が高い反面、いったん紫外線をとりこむため刺激になることも。

・UV-Aとは?
日焼け直後に肌が黒くなる「サンタン」を引き起こす。メラニン生成に関わるほか、真皮の奥まで届くため、シワやたるみなどの原因にも。

・UV-Bとは?
肌が赤くなったりヒリヒリする「サンバーン」という炎症を引き起こし、メラノサイトを活性化させてメラニンの生成を促すシミのもと。

・紫外線散乱剤とは?
肌表面を均一に覆うことで紫外線を反射・散乱させるもの。白浮きや持ちが悪いという弱点があったけれど、最近は改善されている。

肌を明るく見せたい!! トーンアップ効果で即美肌

A:健康的かつ透き通ったような白肌を叶える。スキンアクアトーンアップUVエッセンス SPF50+・PA++++
B:肌へのやさしさにこだわって成分を厳選。キールズ DS UVディフェンス トーンアップクリーム SPF50・PA++++
C:最高レベルの紫外線カット効果がありながら、ノンケミカル処方で肌への負担を最小限に。オンリーミネラル ミネラルCCクリーム N SPF50+・PA++++
D:環境汚染物質からもしっかりと肌を守りきる。ランコム UV エクスペール トーン アップ SPF50+・PA++++
E:皮脂を吸着して固め、ファンデのヨレ、ムラ、毛穴落ちを長時間防ぐ。ビオレUV SPF50+の化粧下地UV くすみ補正タイプ SPF50+・PA++++

【POINT】
2018日焼け止め最大のトレンド、トーンアップUV。ほんのりつく色やさりげないパールの効果で、肌の透明感が爆上がり! “素肌がキレイ”を実現!!

1/2ページ