ここから本文です

楽天・松井裕樹、熱愛中の石橋杏奈がバックネット裏で観戦した結果

6/11(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

 5月下旬のある夜、都心に構える某ホテルのエントランスに姿を現したのは、女優の石橋杏奈。マスクをつけているものの、そのスタイルのよさからあふれ出る芸能人オーラは完全に消えてはいない。

【写真】ホテル密会、現場の様子はコチラ

 白いフリルつきブラウスとスキニージーンズ姿で、黒いリュックを背負ったラフな服装でロビーのソファに腰かけ、誰かを待っている様子。手には水のペットボトル2本が入ったビニール袋と、小さな紙袋を提げていた。石橋がロビーに着いた数分後、彼女を迎えに来たのは東北楽天ゴールデンイーグルスの若手選手・松井裕樹投手だった─。

「石橋さんと松井選手は、すでに1年以上、交際が続いています。実は石橋さんは大の野球好きで、松井さんは年上の女性がタイプなんです。

 そんなふたりがとある会で出会ってすぐに意気投合したそうで、それからほどなくしてお付き合いが始まったんだとか」(スポーツ紙記者)

 この日、楽天選手たちは、翌日から始まる横浜DeNAベイスターズとの『セ・パ交流戦』のため、都内のホテルに宿泊し、松井も帯同していた。

 ふたりはお互いの姿を確認すると、まず石橋がエレベーターホールに向かい、その数秒後に松井が彼女のあとを追ってホールへ。同じエレベーターに乗り込んだところで、“やっと会えたね”と言わんばかりの笑顔で言葉を交わしながら、急いでドアを閉め、高層階の部屋に消えていった。

その翌日……

 その翌日の昼過ぎ、髪型が少し変わっていたが、昨晩とまったく同じ服装の石橋が、少し眠たそうな様子でホテルをあとに。慣れた様子で地下鉄に乗り込み、帰路についた。実に、16時間にものぼるふたりの“密会愛”を目撃したのだった。

「福岡県出身の石橋さんは、'06年の『ホリプロスカウトキャラバン』で、グランプリを受賞して芸能界入りしました。'11年までファッション誌『セブンティーン』の専属モデルを務め、若い女性から絶大な支持を得ています。

 女優業では、今年1月クールのテレビドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)で嫉妬に狂う演技が注目を集め、昨年は4本の映画に出演するなど、めざましい活躍を見せています。ポスト・石原さとみとの呼び声も高いですよ」(テレビ誌ライター)

 女優として輝く中で、'12年から出演していたバラエティー番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)では、身体を張ったコントに全力で挑んでいくギャップが話題を呼んだ。

 一方で、松井も負けてはいない。

「神奈川県の野球の名門校・桐光学園高校を卒業後、'13年のプロ野球ドラフト会議で5球団から1位指名を受けて、楽天に入団しました。昨年行われたWBC(ワールドベースボールクラシック)の日本代表でも活躍するなど、日本野球界が誇る若手投手です」(スポーツジャーナリスト)

 どちらも若手有望株でお似合いのカップルに見えるが、交際に発展するにあたり、石橋が公言している筋金入りの“野球愛”も関係しているにちがいない。

1/2ページ

最終更新:6/11(月) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8/14号

特別定価410円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。