ここから本文です

北川景子、広瀬すず、吉岡里帆…人気女優に猫好きが多いワケ〈dot.〉

6/12(火) 11:30配信

AERA dot.

 女優の沢尻エリカ(32)が6月5日、都内で行われた主演映画「猫は抱くもの」(23日公開)の完成披露舞台挨拶に出席した。同映画は、スーパーで働く孤独な元アイドル・沙織(沢尻)と、自分が沙織の恋人だと信じ込むロシアンブルーの猫・良男との関係を描いた作品。この日は映画に出演している猫も登場し、沢尻はこの猫を撮影後に譲り受け「グリグリ」と命名し、今では一緒に過ごしていることを告白。さらに、マイクを向けられた「グリグリ」が「ニャーン」と鳴くと「できる子~!」とほほ笑んだ。

【可愛すぎる!広瀬姉妹のツーショット写真はこちら】

 「別に……」発言や結婚、そして離婚など公私ともに話題を振りまいてきた沢尻だが、そんなスキャンダラスな過去ゆえ、いまだ「性格がキツそう」という印象を抱いている人も多いだろう。もちろん、動物好きなイメージもなく、映画で共演した猫を引き取るとは意外な話だが、実は沢尻だけでなく主演クラスの女優には猫好きが結構多いのだ。

「例えば広瀬すず(19)も猫が好きですね。1月に行われた『はたちの献血』キャンペーン発表会に出席した際、作品で共演した猫を引き取ったと言っていました。自身が主演を務めたドラマ『anone』(日本テレビ系)に登場していた猫で、タイトルにちなんで『あの』と名付けたとか。5月の『チェキ』新製品発表会ではあくびをした愛猫の写真を披露し、大きくなりましたと成長を報告してました。『アノさんもお家にいらっしゃいます』と、姉である広瀬アリス(23)のツイッターに登場したこともありますね」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 そんな広瀬の愛猫だが、すず本人だけでなく、家族みんなでかわいがっているようだ。ところで、沢尻や広瀬は撮影で出会った猫を飼い始めたケースだが、柴咲コウ(36)は里親として猫を引き取った。

 「an・an特別編集 にゃんこLIVE」(マガジンハウス)によると、ライヴツアー先の熊本で里親募集も兼ねた猫カフェを訪れた際、柴咲のそばから離れず寄り添っていた猫がいたという。東京に戻ってからもその猫が気になり、結局、柴咲は熊本まで引き取りに行ったのだ。さらに、映画の舞台挨拶で生まれ変わったら猫になりたいと、猫愛を爆発させていたことも。

 一方、自身のブログに「私は重度の猫依存症です」と綴っていたのは吉岡里帆(25)。2017年10月に行われた『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』の舞台挨拶では、多い時で15匹くらい飼っていたと、猫好きを公言している。

 加えて、「あの人気女優も猫とのエピソードをイベントで語っています」と言うのは前出の記者だ。

1/2ページ

最終更新:6/12(火) 13:09
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!